トラ寺院、闇取引のからくり

特報:タイガー・テンプル闇取引レポート(その2)

2016.02.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2頭の子トラと遊ぶタイガー・テンプルのカンティタロ院長。新たな報告書によると、同寺院ではトラが「スピード繁殖」させられているという。(Photograph by Steve Winter, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

 147頭のトラを飼育するタイの寺院「タイガー・テンプル」が、トラの違法取引に手を染めているとする報告が発表された。オーストラリアの野生動物管理の専門家、シビル・フォックスクロフト氏は、この報告書「タイガー・テンプル・リポート」を作成した中心人物だ。

 フォックスクロフト氏が野生動物を調査するようになったのは、偶然のなりゆきだった。2007年、彼女はクイーンズランド大学の修士論文に向けて、捕獲されたトラの管理の調査をしようと同寺院を訪れた。おかげで彼女は施設内で写真やビデオを撮影し、通常は外国人の立ち入りが禁止されているエリアにも入ることができた。

頭から離れない光景

 寺院滞在2日目の4月19日の夜、彼女はその後9年間に及ぶ調査と、「Cee4life」設立のきっかけとなるできごとを目撃した。30℃の蒸し暑さに眠れぬまま横たわっていた彼女の耳に、敷地内を走る車の音が聞こえてきた。まもなく、背筋がゾッとするような吠え声と、パニックを起こした子トラたちの鳴き声が上がった。何があったのかを確かめようと、彼女はトラたちが入れられているケージへと急いだ。

 懐中電灯の光が6つ、ひとつのケージを照らしていた。サーン・タ・ワンという名の雌トラが入っているケージだ。雌トラは暴れ回り、体をケージのバーに叩きつけていた。じきにトラはおとなしくなった。ケージのドアがキィッと音を立てて開かれた。

「あの夜に見た光景は、ずっと頭を離れません」と、フォックスクロフト氏は言う。

 サーン・タ・ワンは地面にじっと横たわっていた。ひとりの男が、鳴き叫ぶ2匹の子トラを袋に詰め、トラックの後ろにほうり込んだ。

 みつかることを恐れたフォックスクロフト氏は、彼女が寝泊まりしていた、寺院の門近くにあるバンガローまで駆け戻った。その部屋からは、トラックのドライバーが院長や他の僧たちのところに立ち寄り、話をしてから車で走り去る様子が見えた。

 翌朝、まだふらついた状態のサーン・タ・ワンは、いなくなった子どもたちを求めて鳴き叫んでいた。サーン・タ・ワンが閉じ込められているケージのすぐ外には小さなケージが置かれ、その中には生後2週間の雄の子どもが2頭入れられていた。そのうち1頭は死んでいた。生き残った方には、職員がハーンファという名前を付けた。

観光客向けに芸を披露するタイガー・テンプルのトラたち。この寺院では、トラに散歩をさせたり、餌をやったり、一緒に写真を撮ったりすることができる。寺院は年間約300万ドルもの収入を得ている。(Photograph by Steve Winter, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

雌が消え、雄が残る

 フォックスクロフト氏はやがて、そこにはあるパターンが存在することに気がついた。それは、雌のトラたちは消えるが、雄(観光客相手におとなしくしている傾向にある)は残るということだ。その夏、彼女が2カ月間オーストラリアで過ごした後、ここへ戻ってきたときには、3頭の雌の成獣、ルーンダオ、ダーリカー、ヴァーユが消えていた。

 寺院に戻ってしばらくたった8月中旬のある夜、彼女は日中の瞑想の時間に、僧たちが無線機を手にしているのを目撃した。その後、以前と同じトラックがやってきて、また別のファールーンという名の雌を運び去った。

 翌日、2人の職員がフォックスクロフト氏に、ファールーンはラオスのトラの飼育場へ行ったのだと告げた。「そのとき私は気づいたのです。これは以前から継続的に行われていることで、寺院内外の複数の人間が関与しているのだということに」(参考記事:「トラの子を密輸、タイの空港で逮捕」

 フォックスクロフト氏はさらにその後、元からこの寺院にいたトラの1頭で、人気者のメックという名の雄がいないことに気が付いた。彼女は、2006年1月にメックがいなくなったとき、現場にバンクという通称で呼ばれているタイ人の職員がいたことを突き止め、通訳を介して彼にインタビューを行い、その様子をビデオに収めた。

 彼女がバンクに、そこで何を見たのかと尋ねると、通訳は言った。「彼は人々が(メックに)注射を打って眠らせるのを見て、それから彼は、メックをケージから出してトラックに乗せるのを手伝いました」

 人気者のメックに会いたいという観光客は次々にやってきた。2007年、サーン・タ・ワンの子供が連れ去られた夜にやってきた子トラのハーンファが、突如として「メック・シニア」という名前になったと、寺院の元ボランティアスタッフであるシルビア・ドマラツカ氏は証言する。そして新しく生まれた子トラには、ハーンファという名が付けられた。

「どうやら僧たちは、何頭かトラを運びだした後は、代わりのトラを入れるか、他のトラの名前を変えることで、減った分の穴埋めをしているようです」とドマラツカ氏は言う。そうすればトラは実質上、1頭も「いなくなる」ことはないからだ。

次ページ:違法取引の証拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加