発火しないリチウムイオン電池の開発に成功

スタンフォード大学の研究チームは、ニッケルをグラフェンで被覆したトゲトゲの粒子を使ったリチウムイオン電池を開発した。この充電池は高温になるとシャットダウンし、温度が下がると速やかに再始動する。(PHOTOGRAPH BY ZHENG CHEN, STANFORD UNIVERSITY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー