絶滅寸前の「歌うテナガザル」を守れ、中国海南島

密猟と森林伐採で激減、生き残りはわずか28匹

2015.12.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国南岸沖の海南島に生息するカイナンテナガザル。覇王嶺国家級自然保護区で林冠を移動しているこの1匹は、オレンジ色の毛皮から、おとなのメスであることがわかる。(PHOTOGRAPH BY YANG GUANYU, XINHUA, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国の南岸沖、海南島の山の中では、夜明けとともにテナガザルの歌声が聞こえてくる。

 木のてっぺんに登ったオスが鳴き始めると、その声は遠くまで響きわたる。鳥のさえずりのような声や、ホーホー、キーキーと高低さまざまな声を上げ、そこへさらにメスや子どもが加わると、熱帯林は強烈な不協和音に包まれる。

 研究者のサミュエル・ターベイ氏とジェシカ・ブライアント氏は、じっと聞き耳を立てている。テナガザルの歌声が聞こえたらすぐに、声のする方へと急ぐためだ。

 英国のロンドン動物学会で上席研究員を務めるターベイ氏は、「この山に生息するカイナンテナガザルは、世界で最も希少な類人猿にして、最も希少な霊長類。そしてほぼ確実に、最も希少な哺乳類といえるでしょう」と話す。ちなみにキタシロサイの生き残りはわずか3頭だが、こちらはシロサイの亜種である。(参考記事:「絶滅寸前、キタシロサイが残りあと3頭に」

 カイナンテナガザルは、海南島西部の覇王嶺国家級自然保護区に広がる16平方キロの熱帯林に28匹前後が生息し、ほかの場所では見つかっていない。ここまで数が少ないと、台風、森林火災、感染症の流行といった事態にひとたび見舞われれば、たちまち絶滅につながりかねない。

 国際自然保護連合(ICUN)は11月24日、絶滅のリスクが高い霊長類25種に関する最新レポートを発表した。カイナンテナガザルは、そのなかでも生息数が最も少ない種だ。海南島の森でターベイ氏らが奮闘しているのは、このテナガザルが「人間によって絶滅させられた初の霊長類」になるのを防ぐため。その目的は、類人猿のなかでもあまり知られていない、この種の生態とニーズを理解し、最善の保護計画を立てることにある。

 だが、そのためにはまず、カイナンテナガザルを見つけなければならない。

密猟と森林破壊で激減

 カイナンテナガザルは体重8キロほどで、一生をほぼ林冠で過ごす。若い個体やおとなのオスは黒いが、おとなのメスはオレンジがかった金茶色のつややかな毛皮に包まれている。オス1匹、メス2匹、赤ん坊たちという家族構成が一般的だが、結婚相手が見つかっていない「独身」の若いテナガザルは、森を単独でうろついている。

おとなのオスとみられる2匹。ただし若いメスも黒いため、性別を確かめるにはDNA鑑定が必要だ。研究者たちは森に落ちている糞を拾い集め、性別や個体数の調査を進めている。(PHOTOGRAPH BY YANG GUANYU, XINHUA, ALAMY )
[画像のクリックで拡大表示]

 海南島にはかつて数千匹のテナガザルがいたが、密猟と森林破壊によって生息数は激減した。このサルを丸ごと煮込んでペースト状にした薬は、中国医学で強壮剤として用いられていたという。島の森では1960年代以降、紫檀(したん)などの高級木材が伐採されるようになり、さらにはゴムの国営プランテーションを開発するため皆伐が進んだ。

 低地の雨林が伐採され、テナガザルは高地への移動を余儀なくされた。だが高地の森はオークの木が多く、テナガザルが好むライチ、ランブータン、イチジクといった、甘く柔らかい果実のなる木が少ない。そのため草木の葉や若芽、虫などで食事を補うしかない。「こうした生息環境が、個体数にどう影響しているかは不明です。しかし、ストレスの増加には一役買っているかもしれません」とターベイ氏は分析する。

テナガザルの糞を求めて

 ブライアント氏は雨期も乾期も含め、何シーズンもテナガザルを追い続けてきた。調査チームの1日は、朝4時に始まる。中華粥をすすって朝食を済ませ、稜線まで1時間の道のりを登る。そして朝日が昇ると、一斉にテナガザルが歌い始めるのだ。

 ブライアント氏は言う。「テナガザルの鳴き声は、種によって少しずつ違います。個人的には、カイナンテナガザルの心に残る歌声が、いちばん美しいと思います」(参考記事:「テナガザル、ソプラノ歌手と同じ発声法」

 鳴き声がやむまでの限られた時間のうちに、テナガザルの居場所を突き止めなければならない。「見つけるのが間に合わないと、次に歌うまで1、2時間待つことになります。また、雨の日には歌いません。低い枝まで下りてきて、不機嫌そうに葉っぱの下で身を寄せ合って過ごします」

 テナガザルを首尾よく見つけたら、チームは後を追う。テナガザルたちは力強い腕と長い指を駆使して、木から木へと見事な動きで跳び移る。しかし、30メートル下ではまったく別の光景が繰り広げられる。調査チームの一行は、草木のとげやヒルを相手に悪戦苦闘しながら、やぶをかきわけ、斜面を上ったり下ったりするしかない。

林冠でくつろぐ独身のオス。テナガザルは、力強い腕と長い指を巧みに使って、木にぶら下がりながら移動する。地上に下りることはほとんどない。(PHOTOGRAPH BY YANG GUANYU, XINHUA, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 調査の目的はテナガザルの糞の収集で、そのためには鋭い目が必要だ。「高い林冠から落ちてくる間に、糞は何度も枝にぶつかり、小さなかけらになってしまいます。草木や落ち葉の間でそれを見つけるのは至難の業ですよ」(参考記事:「カナダ西海岸 海辺のオオカミ」

 最終的な目標は、カイナンテナガザルの正確な個体数を把握し、生息数回復の見込みを評価することだ。「個体数と生息域がわかれば、森林の保護と再生の対象エリアを絞り込むことができます」とブライアント氏は言う。

地元住民を味方につける

 科学的調査と同時に、テナガザルの味方を増やすための取り組みも進められている。かつて中国医学で用いる薬の材料としてテナガザルを売っていた地元の村人たちを、保護に巻き込もうというのだ。テナガザルがすむ山、斧頭嶺の東側は「きわめて貧しいエリアです」と言うのは、香港にある嘉道理農場暨植物園(KFBG)のボスコ・チャン氏だ。「村人たちは、以前はゴムで現金収入を得ていましたが、ゴムの市場価格は下落しています。熱帯雨林の産物は、彼らが昔から自由に利用してきた自然の恵みです。材木やラタンを集めたり、猟をしたり、果物や山菜、キノコなどの“ジャングルフード”を採集して暮らしてきたのです」

 チャン氏率いるKFBGのチームは、村人たちが持続可能な農業を始められるように、養豚、養蜂、ヤクチ(ゴムの木の下に生えるショウガ科の生薬)の栽培などを支援している。「地元住民を森から締め出すわけにはいきません。摩擦を避けるためにも、規制を実施するだけでなく、地元にメリットを与えられるように努めています」とチャン氏は語る。

 密猟を取り締まるため、KFBGは影響力のある地元住民をレンジャーとして雇っている。「時たまライフル所持(中国では違法)や、猟で仕留めたリスやシカを持っていて捕まる人がいますが、私たちの知るかぎり、ここ最近ではテナガザルが殺された例はありません」。レンジャーたちは、山麓部の森林再生のため、成長の速い在来の果樹を8万本以上植える手伝いもしている。

 地元の意識を高めるため、テナガザルをテーマにした村の祭に出資したり、テナガザルの絵本を作ったり、テナガザルをあしらった揮春(ファイチュン、旧正月に飾る縁起物の赤い旗)を配ったりしている。「地元の子どもたちはジャイアントパンダの窮状は知っています。でも、はるかに絶滅の危機が迫っている種が、自分たちの身近にいることを知らないのです」とチャン氏は言う。(参考記事:「地域社会が参加、世界最大の自然保護区」

橋をかける

 地上の移動は不得手なテナガザルのため、ターベイ氏らは寸断された森を結ぶ橋をかけようと計画中だ。また、英国のダレル野生生物保護基金などから国際的な支援を集め、嵐などの非常事態に備えた緊急時の対応計画を策定している。ダレル野生生物保護基金のリチャード・ヤング氏は、かつて同じように危機的な状況に遭遇したことがあるという。「モーリシャスチョウゲンボウの保護に乗り出したとき、その生息数はわずか4羽でした。今では400羽まで回復しています。できることは、ありますよ」(参考記事:「復活したハクトウワシ」

 ブライアント氏は昨夏、テナガザル(特に、あまり歌わない独身の個体)を見つけるための新たな手法の実験を始めた。録音したテナガザルの歌声を放送するという方法だ。初回のテストでは、1匹のオスが鳴き声を返した。研究チームが後を追ったが、そのオスは独身ではなく、メスと1匹の赤ん坊が一緒だった。この発見により、既知の繁殖グループ数が、3から4に増えた。

「嬉しくてたまりませんでした。この種を追い続けてきたこの5年間は、かけがえのない時間であると同時に、大変な困難の連続でした。今回のような発見は、苦労が報われたと実感させてくれます」

訂正:記事中「漢方医学」「漢方薬」とありましたが、誤解を招く表現でしたので「中国医学」「中国医学で用いる薬」に訂正いたします。

文=Sarah Lazarus/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加