800メートルの巨大クモの巣見つかる、米国

原因を専門家に聞いた

2015.11.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国テネシー州メンフィス近郊の畑を覆い尽くす、シート状のクモの糸。全長800メートルに及ぶ。この衝撃的な光景は、子どものクモが糸を使って縄張りを広げようとした結果と考えられている。(PHOTOGRAPH BY WMC ACTION NEWS 5)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国テネシー州メンフィスの森で、何百万匹ものクモがその糸で畑を覆い隠したと、地元ニュースが報じた。あるエリアでは、800メートル近くにわたってほぼつながったシート状の巣が見られるという。近くに住むデブラ・ルイス氏は「クモたちはそこら中を飛んでいて、まるでホラー映画です」と、地元ニュース社の取材に答えた。

 でも、このようなクモの急増を怖がる必要はないと、オハイオ州のアクロン大学でクモの糸を研究する生物学者のトッド・ブラックリッジ氏は言う。同氏によると、写真からはクモの種を特定できないものの、コガネグモ(円形の網を編む)やサラグモ(シート網を編む)の仲間である可能性が高い。

 子どものクモは春と秋、フェンスのポールや背の高い植物など、生息エリアで最も高い所に登って、糸をたらす。そうして、空気の流れに乗るのだ。ブラックリッジ氏によると、その飛翔は「少し熱気球に似ている」ため、バルーニングと呼ばれる。クモは個体数を増やすために、「風まかせでどこにでも行く」のだ。

 このように高く飛び上がるクモの大多数は、旅の途中で捕食者に食べられたり、厳しい天候に見舞われたりして命を落とす。しかし、ほんのわずかであっても、生き残って新たな場所に生息域を広げる必要がある。(参考記事:「【動画】糸を使わずに自在に空を飛ぶクモを発見」

春と秋には何百万匹もの子グモが高い所に登って、空気の流れに乗れるように糸を垂らす。(PHOTOGRAPH BY WMC ACTION NEWS 5)
[画像のクリックで拡大表示]

バルーニング失敗?

 しかし、クモがこの移住を成功させるには、風を味方につけなければならない。今回、テネシー州ではそれが起こらなかった。今回の写真に写るシート状の「クモの巣」は、まったくクモの巣の形ではないとブラックリッジ氏は考えている。むしろ、この大量のクモの糸は、バルーニングに失敗した形跡なのだと。

 地表が温まり、上昇気流を生み出していたのだろう。好条件が整ったのを機に、複数の子グモがほぼ同時にバルーニングの糸を出そうとした。ところが、予期せぬ強風が吹き、それらの糸が草の上に戻されてしまった結果、もつれたマットが出来上がったのかもしれない。

 地上に留められたクモが「人間を噛むことはできないでしょう。それに、彼らは人間に対する毒を持ちません。だから、心配は無用です。これは、自然界の驚くべき事例のひとつなのです」とブラックリッジ氏は語る。(参考記事:「交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見」


クモ嫌いな人は見ないでください:ホウキで母親グモがつぶされ、一斉に逃げ出す大量の赤ちゃんグモ。オーストラリア南部で撮影。

避難のために飛ぶことも

 このような大量のバルーニングは、米国以外でも見られる。北半球では至るところで見つかっているし、オーストラリアでも定期的に発生している。

 クモのバルーニングは、新天地を目指すためだけに行われるのではない。自然災害から避難するために行われることもある。2012年、オーストラリアで記録的な豪雨が降ったとき、大量のバルーニングが行われたことがある。米ジョージア大学で昆虫学を研究するロバート・マシューズ名誉教授によると、バルーニングにより、クモは「確実におぼれ死ぬ場所から逃げ出す」ことができたと考えられている。(参考記事:「洪水のあとに、クモの巣の毛布」

 広大なクモの巣は、クモが嫌いな人にはゾッとする存在かもしれないが、この素晴らしき技巧は、「クモが糸を多彩に操れる能力」を示しているとマシューズ名誉教授は言う。クモにとって糸は、「進化の過程における大きなブレークスルーです。これは、クモが生き残ってきた理由を示す新しい一例と言えるでしょう」(参考記事:「驚愕!ナメクジの腹に潜んで旅をするムシ」

このような大量バルーニングは、英国やオーストラリアでも観測されている。(PHOTOGRAPH BY WMC ACTION NEWS 5)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Michael Greshko/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加