残り60頭のサイに子ども、インドネシアで撮影

ハンティング

1909年の『ナショナル ジオグラフィック』誌で、退任したばかりのセオドア・ルーズベルト元米国大統領がアフリカに狩り行っているようだという記事に掲載された写真。ケニアで撃たれたサイが倒れている。(PHOTOGRAPH BY CARL E. AKELEY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)(参考記事:「T・ルーズベルト、消えゆくライオン」

【元の記事へ戻る】