海鳥は「匂いの地図」を持っている?

海鳥は匂いを頼りに何もない海の上を飛んでいるのかもしれない

2015.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海を渡るオニミズナギドリ。最新の研究により、嗅覚を利用して移動している可能性が示唆された。(PHOTOGRAPH BY KLAUS BJERRE, NATURE PHOTOGRAPHERS LTD/ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 動物にとって、匂いは進む方向を決める有力な手がかりだが、鳥が嗅覚をナビゲーションの役に立てているかどうかは、長い間わかっていなかった。

 しかし最近、海鳥にGPSを装着して得られたデータから、鳥が移動するのに、嗅覚だけでなく、匂いの記憶まで頼りにしているという証拠が集まり始めている。

 6月30日付の「Proceedings of the Royal Society B」に掲載された論文によると、ミズナギドリは、さまざまな方向から漂ってくる匂いの違いを記憶して、どちらに行ったらいいかを決めていると考えられるという。

 ミズナギドリは、ウミツバメやアホウドリの仲間だ。繁殖期には餌を求めて何百マイルも飛ぶものの、目印もない海の上なのに、なぜか巣に戻ることができる。(参考記事:特集「優雅なる空の王者アホウドリ」

 彼らはただ闇雲に海上を飛んでいるわけではなく、風の吹き方と匂いを関連付けている可能性がある。たとえば、いつも北風に運ばれてくるプランクトンのかすかな匂いを感じることで、方角を察知しているというように。

「ミズナギドリは自分の島の匂いをかぎ分けられるのかもしれません。ひょっとすると、コロニーごとの匂いの違いまで分かっている可能性もあります」と、この研究に参加していない米オーデュボン協会のジェフ・ル・バロン氏は述べた。

どうやって巣に戻るのか

 鳥が「匂いの地図」を頼りに移動しているか否かという論争は、50年前から続いている。これは、「鳥は地磁気のみを頼りに移動している」という説と真っ向から対立するアイデアだ。

 鳥の嗅覚の研究は難しい。なぜなら、たとえば巣に戻る際、実際に鳥が嗅覚を使っているとしたら、それがいつなのかを調べるのが困難だからだ。

 しかし、iPodサイズのGPSを海鳥の背中に取り付けることで、鳥の移動の状況を日々追跡できるようになった。

 それが今回の研究の手法だ。英ロザムステッド研究所で数理モデルを担当する共著者のアンディ・レイノルズ氏らは、オオミズナギドリ属の3種(Calonectris borealis、C. diomedea、C. edwardsii)、計210羽における、繁殖地の地中海と北大西洋の間を行き来する採餌活動を追跡した。(参考記事:「伝書バトが迷子になる謎に新説」

 ほとんどの鳥は、短い移動を数回した後、長い移動をするという経路を飛んだ。これはレヴィ飛行という自然界での移動を示す数学的パターンに従うものだった。そして鳥が、風に運ばれ、乱気流で分散される匂いに反応していると仮定したときのやり方と、ぴたりと合致する。

「ミズナギドリは、特徴のない広大な海上を飛んだ後でもピンポイントで繁殖コロニーにたどり着けます。この注目すべき能力は、風に運ばれた匂いをもとに、頭の中で匂いの地図を組み立てていると帰結できます」とレイノルズ氏は言う。

海鳥のトリック

 英国ベルファストにあるクイーンズ大学の生態学者、リチャード・ホーランド氏は、このような方法での鳥の嗅覚およびナビゲーション研究は「興味深いアプローチだ」と述べつつも、「ひとつの解釈にはなるが、あくまでも相関を見ているに過ぎない」と注意を喚起した。(参考記事:「動物たちの大移動」

 米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の生態学者、ダン・コスタ氏は、開かれた海上では地上と比べて匂いが少ないため、匂いはより重要かもしれないと言う。海鳥は、景色、地磁気、匂いなど、あらゆるヒントを頼りに飛ぶ必要があるのだろう。「長距離を移動するこうした動物に、あちこち移動するための“トリック”があるのは理にかなっています」(参考記事:「小鳥が自ら腸を吸収し3日間飛び続けることが判明」

文=Helen Thompson/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加