アルプスの夏を彩るかがり火の歴史

チロルの民族衣装に身を包み、ヴェアーベルクの教区教会に集合した1000人以上の住民。同地方でも有名な聖心フェスティバルのひとつであり、町政担当者は「連帯感のお祝い」と称している。(PHOTOGRAPH BY ROBBIE SHONE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー