ネフェルティティの墓に考古学者が期待する理由

ツタンカーメンとともに埋葬? 王家の謎が解き明かされるかもしれない

2015.12.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネフェルティティ(右)と彼女の夫アクエンアテン王が、6人の娘のうちの3人と遊んでいる図。太陽円盤から降り注ぐのはアテン神の祝福の光だ。(Phootgraph by Kenneth Garrett, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 エジプトの王家の谷で新たな発見があるたび、関係者は色めき立つ。今度こそあの女王か? ついに見つかったのか?

 噂の主はネフェルティティ、古代エジプトの伝説の女王だ。未だに見つかっていない彼女の墓を、エジプト学者たちは長い間探し続けてきた。

 今、ネフェルティティの墓発見への期待はかつてないほど高まっている。ツタンカーメン王の墓をレーダースキャンしたところ、壁の奥に隠し部屋があるらしいと判明したためだ。ついにネフェルティティの墓が見つかったのではないか、壁の向こうにはいくつもの部屋が連なり、謎に包まれていた女王の豪華な副葬品で埋め尽くされているのではないかとの憶測が浮上している。(参考記事:「ツタンカーメンの隠し部屋、日本の技術者が活躍」

 財宝の発見には胸が躍るが、考古学の世界で貴重なのは黄金よりも情報だ。専門家たちは、きらびやかなお宝以上の価値がある情報の発見に期待を寄せている。

古代エジプト美術の象徴とも言える、美しく優美なネフェルティティの胸像。1912年にアマルナの遺跡で、王宮に仕えた彫刻家の工房跡から発見された。かつてはアケトアテンと呼ばれていたアマルナは、ネフェルティティの夫、アクエンアテンが首都として建設した街だ。(Photograph by Michael Sohn, Reuters, Corbis)
[画像のクリックで拡大表示]

エジプト王の変遷を解く鍵

 現在知られている歴代の古代エジプト王のリストは完璧なものではない。幾人もの学者たちが、細切れの情報を寄せ集めて作り上げたものにすぎず、今も不明点が数多く残っている。ネフェルティティの墓には、そんな王位継承の歴史を明らかにするヒントが眠っているかもしれないのだ。

 ネフェルティティの時代についてわかっていることを追ってみよう。

 第18王朝が最盛期を迎えた紀元前14世紀初頭、強大な権力を持つアメンヘテプ3世が40年以上にわたってエジプトを支配した。彼の死後には、息子のアメンヘテプ4世が王座を継いだ。

 新しい王は、伝統的に信仰の対象となってきたアメン神の寺院や像を破壊し、太陽円盤に象徴されるアテンを唯一神とする信仰を開いた。首都を西の砂漠に位置するアケトアテン(現在のアマルナ)に移し、自らの名も「アメン神は喜び給う」という意味のアメンヘテプから、「アテン神に使えし者」を意味するアクエンアテンへと変えた。彼はまた、この国の芸術に革命をもたらした。自らの姿を、若く理想的な体を持つ王ではなく、大きくふくらんだ腹の人物として描かせるなど、写実的なスタイルを推奨したのだ。

 ネフェルティティ(美しい者が訪れたの意)は、アクエンアテンの第1王妃であった。2人の間に息子がいたという記録はないが、6人の娘がいたことはわかっている。他の古代エジプトの王と同様に、アクエンアテンにも複数の妻がおり、そのうちのひとりは、後にツタンカーメン王となるトゥトアンクアテン(アテン神の生ける似姿の意)の母親であったとも言われる。

ナイルの西に広がる砂漠の渓谷、王家の谷には、ツタンカーメン王が埋葬されている――そしてその墓の奥に隠された部屋に、ネフェルティティが眠っている可能性がある。古代、この地は人里離れた場所であったが、現在では広がりつつあるルクソール郊外の灯りが間近に見える。(Photograph by Kenneth Garrett, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

ネフェルティティは王になったのか

 アクエンアテンの死後、ツタンカーメンはすぐに即位したわけではない。スメンクカーラーという名の謎の人物が2年ほど王座に就いている。

 このスメンクカーラーは、実はネフェルティティだったのではないだろうか。その可能性は否定できない。ネフェルティティが夫の治世の末期、共同統治者となっていたと考えている研究者もいる。夫が他界した後、ネフェルティティは何らかの策を弄して王座に残り、スメンクカーラーという新たな名を得て、男性のファラオとして君臨したのかもしれない。

先日、初めて行われたツタンカーメンの墓のレーダースキャン調査の様子。この調査で、墓の奥に隠し部屋があるらしいことが判明した。(音声は英語です)

 古代エジプト社会における女性の役割についてはあまり詳しくわかっていないが、大半の女性は妻や母親として生きた無名な存在であった。上流社会においては、神殿で神職を務めた女性もいる。しかし王族の世界は全く違うしきたりで動いていた。もしネフェルティティが本当に男性として王座に就いたのであれば、確かに意外なことではあるが、前例がないというわけではなかった。

 ネフェルティティがスメンクカーラーであったのなら、第18〜19王朝の王たちが埋葬される王家の谷に彼女の墓があるのにも納得がいく。なにせ彼女はファラオだったのだから。

ツタンカーメンと共に埋葬される理由とは

 スメンクカーラーの正体が誰であれ、この王が他界した後にはトゥトアンクアテンが即位した。この頃には、エジプトの人々はアテン神信仰ではなく伝統的なアメン神を信仰するようになっていた。

 トゥトアンクアテンの名は、アクエンアテンが推進した異端信仰に由来するものであったため、すぐにも変える必要があった。そのため、彼はツタンカーメン(アメン神の生ける似姿の意)となったのだ。ツタンカーメンは当時まだわずか8歳前後であったが、その後、ネフェルティティの娘(おそらくは彼の異母姉)と結婚した。

 ツタンカーメンが王となってわずか10年後に他界したとき、王家の谷には、彼を埋葬する場所がなかったのではないかと考えられる。王族の墓は、長い通路や幾つもの部屋から構成されるが、石灰岩の崖を削ってそれを作り上げるのは大事業で長い年月を要する。ツタンカーメンの墓の建設は、まだ手を付けられたばかりか、あるいは始まってさえいなかっただろう。

石灰岩で彫られた、高さ約40センチのネフェルティティ像。彼女の夫アクエンアテンは、王族を理想化した体形に描く伝統を破り、写実的に表現する新たな美術様式を推奨した。(Photograph by Kenneth Garrett)
[画像のクリックで拡大表示]

 10代で他界したファラオが、誰か他の人物のために建設が開始され、まだ一部しか完成していない墓に埋葬された可能性はある。もしそうであれば、先日行われたスキャン調査で見つかった空間の先には、掘り進められていた穴のいちばん先端にあたる、未完成の部屋があるのではないだろうか。

 あるいはツタンカーメンは、彼より先に亡くなった王の墓に埋葬されたのかもしれない。もしその人物がネフェルティティであれば、彼は自らの継母であり、義母でもある人物と一緒に埋葬されていることになる。

 現代人から見ると、これは運命のいたずらのように思える。しかし、果たしてその見方は正しいだろうか。複雑にからみ合い、近親婚も当たり前だった古代エジプトの王家において、ネフェルティティとツタンカーメンは互いに本当の母と息子のような愛情を抱き、たった一枚の壁が隔てるだけの空間で永遠の時を共に過ごすことに、何の不満も感じていなかったのかもしれない。

【写真】特集ツタンカーメン 王家のフォトギャラリー

文=A. R. Williams/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加