絶滅危機のタスマニアデビル、「死の病」克服の兆し

タスマニアデビルの顔面腫瘍が自然に小さくなったという報告が少しずつ出始めている。研究者が「リーザ」と名付けたこの個体も、回復した幸運な1匹だ。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー