交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見

(A)はキタコガネグモダマシのメス。矢印が交尾器。(B)と(C)メスの交尾器の顕微鏡画像で、(B)にある生殖孔の上のふくらみ(Sc)が、(C)ではなくなっている。矢印の部分が生殖孔。写真は『カレント・バイオロジー』提供。(PHOTOGRAPH BY GABRIELE UHL)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー