マヤ王の石碑を発見、1500年前の「冷戦」語る

マヤ文明の二大勢力に翻弄された都市

2015.07.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マヤ文明のエル・アチオタル遺跡で発見された石碑の断片には、地方を統治する王アハウの顔が描かれている。(Photograph by Luke-Auld Thomas)
[画像のクリックで拡大表示]

 中米グアテマラにあるマヤ文明の遺跡で、時代区分の違う石碑が発見された。これにより1500年前、マヤ文明の絶頂期に一帯で覇権を争っていた二大勢力の新事実が明らかになり、研究者たちを驚かせている。

 グアテマラのペテン地方西部にあるエル・アチオタル遺跡で発見されたこの石碑の断片には「アハウ」と呼ばれる王(地方を治めた)が描かれている。アハウを任命したのは、遠く離れた古代都市テオティワカン(現在のメキシコ市辺り)からやってきた戦士、シヤフ・カック(「火の誕生」の意)だ。シヤフ・カック率いる軍勢は378年にマヤ低地に現れると、都市国家ティカルを支配下に置き、マヤ全土に新たな政治体制を敷いた。(参考記事:「新説 マヤ文明」シヤフ・カックがやって来た時代

 米テュレーン大学中米研究所のマルセロ・カヌート氏らは先日、グアテマラ市で記者会見を開き、この石碑の発見について報告した。

予想外の大発見

 石碑の断片を発見したのは、ナショナル ジオグラフィック協会が支援する「ヤング・エクスプローラー」のひとりで、テュレーン大学院生のルーク・オールド=トーマス氏。彼はエル・アチオタル遺跡で、ペテン地方にマヤの都市国家が現れ始めたころの古い建造物を調べていた。先古典期中期から後期(紀元前800〜紀元250年)のものだ。

「私たちは階段を探すために、いくつか穴を掘っていました。そのとき作業員のひとりが、石碑のようなものを見つけたと言ってきたのです」とオールド=トーマス氏は言う。それはマヤが最も繁栄した古典期(250〜900年)に特有の、彫刻の施された石碑であった。

「穴の中を覗いてみると、こちらをまっすぐに見つめる王の顔がありました。古代マヤ人は、王の顔が入り口に向くよう慎重に配置したのです」

 もともと先古典期後期(紀元前400〜紀元250年)の遺跡だとされていたエル・アチオタルで「石碑が見つかるとは思ってもみませんでした」とカヌート氏は言う。(参考記事:【連載】マヤ文明と終末論の真実

石碑の断片は神殿の内部に安置され、数世代にわたって崇められていた。(Photograph by Luke-Auld Thomas)
[画像のクリックで拡大表示]

マヤ文明の「新体制」

 さらに発掘を続けると、石碑の上部と下部から取られたふたつの断片が見つかった。これらはもとの場所から小さな神殿の中に移されたもので、周囲には陶器、火打ち石、人骨などが祀られていた。上部の断片には、支配者の象徴であるヘビの儀仗を持つ男が彫られている。

 米テキサス大学でマヤの古代文字を研究しているデビッド・スチュワート氏が石碑の裏に刻まれた文字を解読したところ、これはあるアハウの即位40周年を祝うために造られたものであることがわかった。

 石碑には日付も刻まれているが、非常にあいまいでわかりにくい書き方で、解読作業は困難をきわめたという。スチュワート氏は、ここに記された日付はおそらく紀元418年11月22日ではないかと推測している。418年の40年前は378年であり、それはシヤフ・カックがメキシコ盆地からこの地にやってきてティカルの新たな支配者となり、マヤの政治制度を次々と改革した年と一致する。

「ティカルに現れたシヤフ・カックは、一帯に自分の部下となる支配者たちを置きましたが、エル・アチオタルもその支配下にあったとは」とスチュワート氏は語る。(参考記事:「マヤの水の神殿を発見 “激動の時代”の爪跡か」

敵地で崇拝された石碑

 研究者たちを驚かせたのは、神殿で見つかった供物から、アハウが描かれた石碑の断片が600年〜650年頃まで崇拝されていたと思われることだ。この時期は、エル・アチオタルが衰退して100年以上たったころとみられ、しかもこの一帯は当時、ティカルと覇を競った都市国家カラクムルの支配下にあったのだ。

 6世紀から古典期が終わる9世紀末〜10世紀初頭にかけて、マヤの二大「大国」であるティカルとカラクムルは何度も武力衝突し、配下にある都市同士も小競り合いを繰り返していた。歴史家はこれをマヤの「冷戦」と呼んでいる。カラクムル支配下の土地でティカルの王を崇拝することは、20世紀の米国でレーニンの胸像に供物を捧げるような行為だったろう。

 オールド=トーマス氏は来年エル・アチオタルを再訪し、当初の目的だった先古典期の建造物調査を続ける予定だ。彼がもともと探していた階段は、どうやら古典期の神殿で封鎖されてしまっているらしい。このような神殿や、略奪者によって暴かれた玄室があることは、彼が調査する建物の重要性を物語っている。現地に戻るのが楽しみだと語るオールド=トーマス氏は、冗談めかしてこう付け加えた。「次にアステカの神殿でも見つかったりしたら、事態はさらに混乱するでしょうね」(参考記事:「セノーテ マヤの聖なる泉」

【フォトギャラリー】マヤ文明の遺跡・遺物30点

文=Kristin Romey/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加