「国際アルビニズム啓発デー」が作られた理由

タンザニアのカバンガ保護センターで同じ疾患を持つ子供たちと共同生活を送るアルビノの少年。この施設は、2008年にアルビノ殺害事件が頻発したことから開設された。ここに暮らす住人の3人に1人がアルビノだ。(Photograph by Stephanie Sinclair)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー