クリスマスの悪魔「クランプス」、米国で大流行

1911年頃に発行されたウィーンの郵便はがき。特徴的な長い舌で、クランプスが子供を誘惑している。伝承では、クランプスは手に持ったカバノキの枝で、悪い子供を打ち据えるとされている。(Photograph by Imagno, Getty)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー