サメが群がる「狂乱索餌」の動画が話題に

50匹を超えるサメがまるで「沸騰」、米フロリダ州の人気ビーチの波打ち際で

2015.12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月22日、米国フロリダ州パナマシティービーチで見られたサメの「狂乱索餌」。徐々に近づいてくる。

 11月22日、米国フロリダ州パナマシティーのビーチを訪れていた一家が、B級ホラー映画のような光景に出くわした。サメの「狂乱索餌(きょうらんさくじ)」だ。

 ブレイク・ホイットローとタイラ・ホイットロー夫妻は、その様子をビデオで撮影し、「私たちがこれまで見たなかでいちばんクレイジーな光景」という言葉を添えてYouTubeにアップした。アラバマ州ハンツビル在住の夫妻が地元メディアAl.comに語ったところによると、ゴムボートで遊んでいた4人の子供たちは、50匹から60匹のサメが浅瀬で激しく跳ね上げる水しぶきにすっかり怯えていたという。(参考記事:「【動画】ピラニアだらけの川に肉を放るとこうなる」

 サメを専門とする米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の生物学者フランク・J・シュウォーツ氏は、サメはそういう魚だと言う。

「サメは『せっかくここまで魚を追いかけてきたけれど、近くに人間がいるから逃げなくちゃ』などとは考えません。ひたすら魚を追いかけます」

 タイラさんはAl.comに、子供たちは浜に上がると安心したようで、「長男は水族館でも映画館でもない場所でサメを見られるなんて最高だと喜んでいました」と語った。(参考記事:「【動画】超貴重!巨大深海ザメの撮影に成功」

 さすがのシュウォーツ氏も、この動画だけでは何という種類のサメか分からないという。光の加減があまりよくなく、サメを見分けるヒントになる特徴が見えないからだ。フロリダ自然史博物館でサメの研究をしているジョージ・バージェス氏は、体長、体形、目撃地点などからして、カマストガリザメかハナザメではないかと言う。(参考記事:「相次ぐサメの襲撃、防衛策は?」

浜に魚を追いつめる

 バージェス氏によると、このサメたちはボラの群れを追っているのだという。ボラはこの時期、岸の近くまで大規模な回遊を行い、空中に跳ねることもある。

 シュウォーツ氏は、サメの一般的な採餌行動について、「サメたちは餌になる魚のまわりをぐるぐると円を描いて泳ぎ続け、中心に集めていきます」と説明する。「魚を追い込んで浜に上げてしまうこともあります。サメたちは満腹になるまでこの行動を続けます」

 バージェス氏は、サメたちは互いに連携してボラを襲撃しているわけではないと言う。「それぞれが独立に動いているのですが、大規模なボラの群れは据え膳と言ってよいほど簡単に捕まるので、この方法で十分なのです」

 サメたちはしばしば、餌を捕まえやすくするために防潮堤などの硬い構造物や浜に魚を追い込む。これに対して魚たちは、囲いを突破したり、深く潜ったりしてサメから逃れようとする。

恐ろしくも美しきサメ、フォトギャラリー10選

 動画では、浜にいる男性が砂に打ち上げられたサメに近づいていった。ホイットローさんはYouTubeのコメント欄に、この男性とは話をしなかったが、サメを押して水が深くなっているところまで逃がしてやろうとしたのだろうと書いている。

 サメはときに浜に打ち上げられることがあり、そうなると命にかかわるからだ。

 だがシュウォーツ氏は、狂乱索餌中のサメは非常に危険なため、海で見かけたらすぐに陸に上がらなければならないと忠告している。

動画:サメに取り付けたビデオカメラによる水中映像

文=Brian Clark Howard/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加