ツタンカーメンの墓に隠し部屋か

女王ネフェルティティも? 2人の王が1つの墓に埋葬されうるか

2015.11.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ツタンカーメンのミイラにかぶせられたマスクの裏には、来世への旅を助ける『死者の書』の呪文が彫られている。(PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE )
[画像のクリックで拡大表示]

 ツタンカーメンの墓が発見されてから1世紀近くになる今、少年王が眠る地下墳墓に再び考古学者たちが押し寄せている。

 2015年2月に行われたこの墓のスキャン画像の解析から、壁の奥に隠し部屋がある可能性が浮上したのだ。もしかすると、女王ネフェルティティの墓もあるかもしれない。(参考記事:「エジプト王妃ネフェルティティの墓に新説」

 古代エジプトの最も有名な2人の支配者が1つの墓に埋葬されることなどあるのだろうか? その答えはツタンカーメンの生と死の物語に隠されているようだ。

 ツタンカーメンは、エジプトがすばらしく富み栄えた第18王朝の末期に、わずか8歳で王位についた。この時代のエジプトは、南はヌビアの伝説の金山を手に入れ、北は地中海沿岸地域まで征服していたが、前の時代にアクエンアテン(別名イクナートン。おそらくツタンカーメンの父親か異母兄弟)が断行した過激な宗教改革やアケトアテン(現在のアマルナ)への首都移転により、国内は大混乱に陥っていた。(参考記事:「ツタンカーメンの両親は誰?」

 アクエンアテンの死の直後、別のファラオが王位についたという説もあるが、まもなくツタンカーメンが即位した。国内を立て直すため、側近たちは少年王に良い助言をし、勤勉に働いたようだ。ツタンカーメンの最初の仕事は、首都をナイル川の岸辺のテーベ(今日のルクソール近郊)に戻すことだった。10年間の治世で、彼は復興とマアト(正しい秩序)への回帰の象徴となった。

 ところが彼は、10代の若さで死んでしまった。死因は不明である。事故で足を骨折した後、感染症にかかったのかもしれない。マラリアのせいかもしれない。当時の王族は近親婚を繰り返していたので、致死的な遺伝的問題があったのかもしれない。(参考記事:「ツタンカーメンの性器に政治的背景か」

 ツタンカーメンは息子も後継者もなく死去したため、エジプトは再び混乱に陥った。この混乱は、第19王朝が打ち立てられるまで、約20年にわたって続くことになる。

忘却と発見

 ツタンカーメンの遺体は、多くの副葬品とともに第18、19王朝の支配者やその親族のための墓群「王家の谷」に埋葬された。

 歳月は流れ、「王家の谷」の石灰岩の崖に新たな墓が作られるたびに、あちこちに岩屑が積み上げられていった。やがて岩屑はツタンカーメンの墓の入り口も覆い隠し、墓の位置を指し示すものが何もないまま、少年王は忘れ去られた。

 それから3000年以上たつと、裕福なヨーロッパ人の間で、古代エジプトの首都の王墓を発掘して自宅や博物館に飾るすばらしい宝物を探すことが流行しはじめた。

 英国のカーナボン卿は、1907年から同じ英国人であるハワード・カーターの発掘調査のスポンサーになった。彼らは貴族の墓や盗掘された王族の墓などの小さな発見はしたものの、1921~22年シーズンの冬になっても期待したような大発見はなかった。

 カーナボン卿は援助を打ち切ろうとしたが、カーターはあと1シーズンだけ発掘させてほしいと頼み込んだ。

 1922年11月、カーターが雇っていた人夫が、「王家の谷」のこれまで無視されていた三角地帯の発掘に着手すると、ほんの数日で地下に降りる石段が見つかった。ツタンカーメンの地下墳墓への階段だ。

 その月の終わりには、石段の先に漆喰で封印された戸口が見つかった。漆喰には、ツタンカーメンのカルトゥーシュ(王の印章)があちこちに押されていた。カーターは漆喰に小さな穴をあけ、ろうそくを掲げて中を覗き込んだ。彼がそのとき見たものは、世界中の新聞のトップニュースになった。(参考記事:「ツタンカーメン王墓発見者をめぐる誤解」

 「最初は何も見えなかった」と彼はのちに書いている。「室内から漏れてきた熱い空気がろうそくの火を揺らめかせたからだ。けれどもやがて目が慣れてきて、室内の詳細が徐々に見えてきた。奇妙な動物、像、黄金。どこを見ても黄金がきらめいていた」

【写真集】ツタンカーメンの宝物19選
写真集はこちら(次ページ)
(PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE )

 カーターがツタンカーメンの財宝のすべてを目録にまとめるには10年もかかった。純金製の棺とマスクから、ベッド、王座、二輪戦車、弓、食料、ワイン、サンダル、新品のリネンの下着まで、少年王は来世で必要になりそうな品物を5398点も持たされていたからだ。

 ツタンカーメンの墓はKV62と呼ばれているが、今日の専門家の多くが、KV62は別の人物のために作られたものかもしれないと考えている。10代の王が突然死去するとは誰も思っていなかったはずで、王をすぐに埋葬できるような、完成した墓がなかったと考えられるからだ。

 KV62にすでに別の人物が埋葬されていて、ツタンカーメンは入り口付近の少数の小さな部屋に埋葬されたとしたらどうだろう?先日行われたスキャン調査は、この点を調べようとしたものだ。

 ツタンカーメンの墓は古代に少なくとも2回盗掘にあっていたが、それでもエジプトで発見された墓としては最もすばらしいものである。比較的短い期間しか王位になかった少年王の墓でさえ、ここまで豪華なのだ。先に埋葬された人物は、ツタンカーメンの小さな部屋の向こうの大きな部屋で眠っていると考えられる。もしそれが美しい女王ネフェルティティか、同等の身分の王族だったとしたら、その部屋は未盗掘のすばらしい宝物でいっぱいになっているはずだ。

少年王の予期せぬ死が歴史を変えた

 ツタンカーメンの治世には大きな戦争も政治的成功もなかったかもしれないが、歴代の王の中で、彼の存在は決して小さいものではない。彼が後継者なくして死去したことが、その後のエジプトの歴史を大きく変えることになったからだ。

 彼と妻のアンケセナーメンは子宝に恵まれなかった。2人の娘はどちらも未熟児で、死産だったようだ。娘たちの小さな遺骸は慣習に従ってミイラにされ、父王とともにKV62で眠っている。

 ツタンカーメンの次に王位についたアイは王家の古参の臣下だった人物で、高齢のため治世はわずか4年であった。彼も後継者を残さなかった。

 その次に即位したのが将軍ホルエムヘブだった。不思議なことに、彼にも子供がいなかった。

 エジプトという国家を強力に束ね、王家の血統を長続きさせるためには、強く、健康で、大勢の子供を持てる王が必要だ。どうすればよいか?

 ホルエムヘブは腹心の部下を後継者とした。それが、第19王朝の初代の王になったラムセス1世だ。ここから聖書や孫のラムセス2世につながる歴史の新しい章が始まった。ラムセス2世の治世は67年に及び、大勢の妻に100人以上の子を産ませ、多くの戦いによりエジプトをさらなる栄光へと導いた。

 そう考えれば、ツタンカーメンの早すぎる死はハッピーエンドだったのかもしれない。けれども私たちは、ツタンカーメンとアンケセナーメンの間に男児がいたら、世界の歴史はどう変わっていただろうかと考えずにはいられない。

次ページ:【写真集】ツタンカーメンの宝物19選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加