思わずゾクゾクする考古学フォトギャラリー

魅力的な過ぎし日々を伝える写真をナショジオのアーカイブから発掘

2015.11.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何を見つけたのかではなく、何を見出すかです」と言うのは、米国ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館で学芸員を務めるデビッド・ハースト・トーマス氏だ。つまり、考古学の発掘で人工の遺物や建造物の跡などを見つけたとしても、それはまだ半面に過ぎない。本当に大事なのは、それらが物語る文明の面影にある。考古学者たちと同じように、冒険心をもって、ナショナル ジオグラフィックのアーカイブを発掘してみよう。私たち人類の魅力あふれる過ぎし日々に光を当てる写真をどうぞ。

ラ・ベンタの石頭

PHOTOGRAPH BY RICHARD HEWITT STEWART, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 1947年のナショジオの写真。メキシコのラ・ベンタでオルメカ文明の巨大な石頭を調査する考古学者たちをとらえている。オルメカ文明はメソアメリカ最初の文明であり、一帯の発展に関する貴重な手がかりの宝庫だ。(参考記事:「マヤ文明の起源に迫る祭祀跡を発見」

ストーンズ・オブ・ステネス

PHOTOGRAPH BY JIM RICHARDSON, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ストーンズ・オブ・ステネスはスコットランドのオークニー諸島にある、紀元前3000年頃に造られた新石器時代の遺跡。このストーンズ・オブ・ステネスとリング・オブ・ブロッガー、そして近年発見されたネス・オブ・ブロッガー(ゲール語で「ブロッガー岬」の意味)の3カ所が、世界遺産「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」を形成している。(参考記事:「ストーンヘンジの原点 最果ての巨石文明」

聖なる泉

PHOTOGRAPH BY PAUL NICKLEN, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 陥没穴に地下水が溜まった泉「セノーテ」に潜るダイバー。セノーテの探索により、マヤ文明の謎解明につながる手がかりが数多く発見された。(参考記事:「セノーテ マヤの聖なる泉」

ツタンカーメンの杖

PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ヌビア人捕虜をかたどった彫刻が持ち手を飾るこの杖は、ツタンカーメン王の墓から発見されたもの。この彫像は古代エジプトではよくあるタイプで、モチーフとしては征服者である王を描いたものが多かった。(参考記事:「ツタンカーメンの両親は誰?」「エジプトのヌビア人、再定住はかなうか」

素焼きの兵士

PHOTOGRAPH BY O. LOUIS MAZZATENTA, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 数千体にのぼる実物大の粘土の兵と馬が守っているのは、中国・西安近郊にある秦の始皇帝陵だ。近代考古学における最大の発見のひとつと言われる兵馬俑は、1974年、農民によって発見された。(参考記事:「色鮮やかによみがえる兵馬俑」

初期人類を探して

PHOTOGRAPH BY ROBERT SISSON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVEC
[画像のクリックで拡大表示]

 1961年のナショジオの写真。写っているのは、タンザニア、オルドバイ峡谷で初期人類の手がかりを探す古人類学者のルイス・リーキー一家。(参考記事:「人類学をみんなに広めたルイス・リーキーの大発見」

骨を担いで

PHOTOGRAPH BY CORY RICHARDS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 ネパール北部にかつて存在したムスタン共和国出身の男性が、埋葬用の洞窟で見つかった人骨を運んでいく。(参考記事:「ムスタン王国 謎の洞窟群」

川を渡る

PHOTOGRAPH BY GORDON WILTSE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 モンゴル、ダルハド渓谷。考古学調査チームのメンバーも、木製の渡し船を引っ張る作業に参加している。

シェトランドの遺跡

PHOTOGRAPH BY JIM RICHARDSON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 シェトランド諸島南端に位置するヤールショフ遺跡を空からとらえた1枚。この場所は、青銅器時代からバイキング時代、さらには16世紀初頭まで、広範な時代の遺跡が見つかることで知られる。

アイスマンの解剖

PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年のナショジオに掲載された写真。5000年前の新石器時代のミイラの遺伝子構造と死因を探るため、神経外科医による解剖が行われているところ。「アイスマン」と呼ばれるこのミイラは、1991年にオーストリアとイタリアの国境付近のアルプスで発見された。(参考記事:「アイスマンを解凍せよ」

パレンケの宮殿

PHOTOGRAPHY BY ALFRED P. MAUDSLAY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 メキシコ、チアパスにあるマヤ遺跡、パレンケの宮殿に集まる人々。英考古学者アルフレッド・P・モーズリーが撮影したこの写真は、1889年から1902年にかけて発行された学術誌『Biologia Centrali-Americana: Archaeology』に掲載された。(参考記事:「新説マヤ文明 その繁栄と崩壊」

大地母神キュベレー

[画像のクリックで拡大表示]

 トルコ、チャタル・ヒュユクで発見された大地母神キュベレーの彫刻。家父長制社会が誕生する以前の新石器時代に、ヨーロッパで地母神信仰が広まっていた証拠とされる。

リビアのローマ

[画像のクリックで拡大表示]

 リビア西部にあるレプティス・マグナの空撮写真。この遺跡はローマ都市の中でもとくに規模が大きく、保存状態が良い。レプティス・マグナはアウグストゥスとティベリウスが皇帝だった時代に築かれ、セプティミウス・セウェルスによって再開発が行われ、劇場、市の立つ広場、浴場、集会所が揃った大都市として栄えた。(参考記事:「歴史を取り戻すリビア」「レプティス・マグナを360度写真で見てみよう」

文=Anna Lukacs/写真構成=Sherry L. Brukbacher/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加