今週の宇宙画像:フォボスの崩壊、凍れる雲ほか

2015.11.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衛星フォボスの崩壊

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/UNIVERSITY OF ARIZONA
[画像のクリックで拡大表示]

 最新の分析によれば、火星の衛星フォボスは崩壊しつつある。

 NASAのゴダード宇宙飛行センターに所属するテリー・ハフォード氏らのチームは、11月11日の米国天文学会惑星科学部会の年次総会で、フォボスの表面に何本も走る長く浅い溝が火星の潮汐力でゆっくりと引き裂かれている最初の兆候だと発表した。フォボスの溝は天体の衝突によってできたと長らく考えられてきたが、火星の潮汐力によって引き裂かれる際の「ストレッチマーク」のようなものだという。(参考記事:「宇宙の“巨石”、火星の衛星フォボス」

 フォボスは火星の上空約6000kmの軌道を回っており、惑星との距離は太陽系の衛星のなかでもっとも近く、火星の重力によって100年に2メートルずつ「落下」しているという。科学者らは3000万年から5000万年の間にフォボスが引き裂かれるのではないかと予想する。

 同様の説は、NASAの探査機バイキングがフォボスの画像を地球に送った何十年か前にも提案された。だが、当時はフォボスがもっと硬い天体と考えられており、これを引き裂くには潮汐力では弱すぎるとされた。しかし最近は、フォボスの内部は辛うじて形を保っている厚さ100メートルほどの堆積物の集まりかもしれないと考えられている。

 フォボスと同じような表面を持ち、海王星に落下中の衛星トリトンも同じ運命にあるかもしれない。研究者らによれば、今回の研究は太陽系外の惑星にもあてはまるという。

火星のガーデンシティ

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS
[画像のクリックで拡大表示]

 火星の「ガーデンシティ」と呼ばれる地点を、ベージュ色の鉱脈が縦横に走っている。火星探査車キュリオシティが撮影した。液体が流れて岩の割れ目を鉱物で満たし、作り出した鉱脈だ。(参考記事:「火星に水が現存する証拠、水源はどこから?」

接近は命取り

ILLUSTRATION BY MARK GARLICK AND UNIVERSITY OF WARWICK/ESO
[画像のクリックで拡大表示]

 死を迎えた星に小惑星が偶然接近するとどうなるかを描いた想像図。小惑星は白色矮星(中央)の周囲に働く潮汐力で引き裂かれ、結果、その破片でできたいびつな円盤だけが後に残される。

凍れる雲

PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/SPACE SCIENCE INSTITUTE
[画像のクリックで拡大表示]

 NASAの土星探査機カッシーニが、土星の衛星タイタンの荒々しい冬の訪れをとらえた。凍った化合物の巨大な雲(中央)がタイタンの南極上空で形成されている。

 カッシーニのカメラは2012年にすでに南極の約300キロ上空にある雲を捉えていた。だが、この雲は文字通り単なる氷山の一角に過ぎなかった。赤外線カメラにより、さらに低い場所にある、高さ約200キロの上空にまで達する氷の雲が発見された。(参考記事:「タイタンに“魔法の島”が出現」

 この数年間は、カッシーニの南極がちょうど秋から冬へ移り変わる時期であり、探査機がタイタンの冬の姿をとらえたのはこれが初。なぜなら、タイタンでは1つの季節が7年半続くからだ。春の足音は当分聞けそうにない。(参考記事:「土星の衛星タイタンでメタンの“春雨”」

インドネシアを覆う噴煙

PHOTOGRAPH BY NASA EARTH OBSERVATORY
[画像のクリックで拡大表示]

 インドネシア、ロンボク島のリンジャニ山上空にたなびく火山灰の雲が衛星写真で確認された。火山灰は周囲3つの島の街や田畑を覆い、近隣の空港は閉鎖を余儀なくされた。(参考記事:「インドネシアの荒ぶる神 火山と生きる」

冥王星の穴

PHOTOGRAPH BY NASA/JOHNS HOPKINS UNIVERSITY APPLIED PHYSICS LABORATORY/SOUTHWEST RESEARCH INSTITUTE
[画像のクリックで拡大表示]

 冥王星の「スプートニク平原」と呼ばれる領域に、たくさんの小さな穴が開いていることが探査機ニューホライズンズの画像から分かった。科学者らは、このくぼみは氷の破砕と昇華(氷などの固体が気体に直接変化する現象)の組み合わせによってできたと考えている。(参考記事:「冥王星に信じがたい5つの新事実発覚」

孤独な銀河

PHOTOGRAPH BY ESA/HUBBLE & NASA AND N. GORIN (STSCI)
[画像のクリックで拡大表示]

 渦巻銀河MCG+01-02-015の周囲には、星がたくさんあるように見えるかもしれないが、全くの見せかけだ。この銀河があるのは、物質がほとんど存在しない「超空洞(ボイド)」という宇宙の不毛の地。1立方メートルに原子が1個あるかどうかだ。(参考記事:「銀河系を含む新超銀河団「ラニアケア」」

文=Jane J. Lee/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加