冥王星に信じがたい5つの新事実発覚

左からステュクス、ニクス、ケルベロス、ヒドラ。ニューホライズンズの観測データから、冥王星の小さな衛星のうちの少なくとも2つ(もしかすると4つ全部)が、さらに小さい天体の融合によってできた可能性があることが明らかになった。この発見がさらなる分析により裏付けられれば、冥王星系の形成に関する重要な手がかりが新たに得られることになる。(SOURCE: NASA/JHUAPL/SWRI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー