T・レックスのメニュー拝見、ときには共食いも

史上最大級の肉食恐竜のユニークな食事風景が明らかになってきた

2015.11.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
T・レックスは獲物を追いかけ、骨から肉をはぎ取ると、くわえた肉を宙に投げ上げて口でキャッチしていたという。(PHOTOGRAPH BY NATURE, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 史上最大級の肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス)は何を食べていたのだろう? その答えは「食べたいものなら何でも」。では、この恐竜界のスーパースターはどのように獲物を食べていたのか? その答えにつながる新事実を、古生物学者たちが見つけ出している。(参考記事:「動物大図鑑 ティラノサウルス・レックス」

 最新の発見は、米国ワイオミング州で発掘された6600万年前のT・レックスの脚の骨。そこには、のこぎり状の鋭い歯をもつ大きな捕食動物がつけたに違いない傷痕が残っていた。研究を率いるマシュー・マクレイン氏によると、T・レックスにこのようなダメージを与えられるのは、同じT・レックスをおいて他にいないという。

 T・レックスが共食いをすることはすでに知られている。2010年には、ニコラス・ロングリッチ氏の研究チームが、T・レックスがつけたとしか考えられない深い傷痕が刻まれた同種の骨を4個見つけている。T・レックスは目の前にある最高の肉なら、たとえ仲間のものであっても無駄にはしなかったようだ。

 もちろん、T・レックスは死んだ仲間ばかりを食べていたわけではない。発掘された砕けた骨や排せつ物の化石を頼りに、T・レックスの食事内容を研究者たちは解明してきた。

かむ力もスーパー級

 残念ながら、T・レックスが食事する姿を実際に観察することはできない。しかし、コンピューターモデルを作成したり、現代の肉食動物と身体構造を比較したりすることで、T・レックスの鋭い歯が驚異的な力をもっていたことがわかってきた。

 2012年に発表された研究では、成体のT・レックスは最大5万7000ニュートン(約5800キロ)の力でかむことができたと推定されている(幼体ははるかに弱く約400キロ)。かむ力は史上最強ではないものの、エドモントサウルスやトリケラトプスに逃げる隙も与えずに素早く殺すには十分だったようだ。

メニューには新鮮な肉も

 獲物を仕留め損ねた証拠も残っているため、T・レックスは死体を食べていただけでなく、生きた動物を追いかけていたようだ。

 骨の化石を見る限り、T・レックスがかみついた傷痕は「生々しい」ものが多く、食べている最中につけられたようだ。共食いの証拠と思われるティラノサウルスの骨もそうだし、同様の痕が残るトリケラトプスの骨も複数見つかっている。一方、エドモントサウルスの場合、背中をかまれた後に治癒したと思われる化石がいくつか発見されている。

かまれた痕がついたT・レックスの骨。死後、別のT・レックスに食べられたようだ。(PHOTOGRAPH BY MATTHEW MCLAIN)
[画像のクリックで拡大表示]

 傷を負ったエドモントサウルスの体内にT・レックスの歯が残されていた痕跡も見つかっている。まさに、“暴君”T・レックスが生きている獲物を捕まえようとしていた証拠だ。獲物に逃げられて、暴君は腹をすかせたまま、その日をやり過ごすしかなかったのだろうか。(参考記事:「T・レックスから逃れたカモノハシ恐竜」

投げ上げた肉を口でキャッチ

 抵抗する獲物を仕留めたのであれ、腐りかけの死体にたまたま出くわしたのであれ、T・レックスは力強さと繊細さを駆使しながら食事をしていたようだ。

 デビッド・ホーン氏と渡部真人氏は2010年の論文で、T・レックスの近縁種であるタルボサウルスがハドロサウルスの死体をとても慎重に解体していたと発表した。血まみれになりながら肉と骨を一緒にかみ砕いていたわけではなく、顎を上手に使って、骨から肉を丁寧にはぎ取っていたというのだ。

 しかし、解体した肉をのみ込む姿は迫力満点だったに違いない。あの小さな前脚では、肉を持って口に運ぶことは不可能だ。ということは、むしゃむしゃと咀嚼することもできない。

 では、どうしていたのか? 実際は、肉も骨も丸のみしていたようだ。まず、力強い首の筋肉を使って頭を後方にのけぞらせ、くわえた肉や骨を空中に放り投げる。それを口でキャッチし、のどの奥へと運ぶ。これは「慣性摂食法」と呼ばれ、現代の鳥やワニも同じ方法で捕食している。2007年の研究によれば、T・レックスは発達した首の筋肉で約50キロの肉の塊を4.5メートル以上の高さまで投げ上げることができたという。

長さ45センチのウンチ

 古生物学者たちの研究で、T・レックスに食べられた獲物が消化器官を通って、最後にどうなるのかも明らかになってきた。糞石と呼ばれる排せつ物の化石は、恐竜が何を食べ、どれくらいの時間をかけて消化したかを教えてくれる貴重な証拠だ。1個だけだが、T・レックスの糞石も見つかっている。

 その糞石は長さ約45センチで、3分の1程度を骨の破片が占めていた。これは代謝がかなり良く、消化時間が短いことを示唆している。近縁種のものと推測される糞石にも、骨のかけらと未消化の筋肉が含まれていた。

 T・レックスは生き延びるため、頻繁に食事をとる必要があった。新たな発見と研究のおかげで、暴君たちの食事風景がさらに詳しく解き明かされることになるだろう。(参考記事:「恐竜研究者 林昭次」「草食のTレックス近縁種発見、肉食から進化途上か」

DVD『Tレックス大解剖

史上初!リアルに再現した実物大Tレックスを解剖。
筋肉や靭帯、内蔵や脳、卵や胃の内容物、
傷まで最新研究を基に忠実に再現。
史上最強の捕食動物、Tレックスの体をくまなく調べ
能力と生態、死因に迫る驚きの映像は必見です!

2015年11月16日発行
価格:本体2,838円+税

文=Brian Switek/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加