フォトギャラリー:地中海の底に眠る22隻の沈没船と積荷

沈没船遺跡を3Dで復元できるようにするため、ローマ時代後期のアンフォラの山の写真を撮影する考古学者。今回の10日あまりの潜水調査で、ギリシャの領海で確認されている古代の沈没船の数は12%も増えた。(参考記事:<a href="/nng/article/20131122/374589/" target="_blank"><u>「レーザーで遺跡をデジタル保存」</u></a>)(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
沈没船遺跡を3Dで復元できるようにするため、ローマ時代後期のアンフォラの山の写真を撮影する考古学者。今回の10日あまりの潜水調査で、ギリシャの領海で確認されている古代の沈没船の数は12%も増えた。(参考記事:「レーザーで遺跡をデジタル保存」)(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
崖の斜面から転がり落ちた2世紀の大型アンフォラ。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
崖の斜面から転がり落ちた2世紀の大型アンフォラ。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
ローマ時代後期の沈没船の積荷が散乱する斜面で、水準器を使って勾配を測定する考古学者。これらの積荷から、さまざまな時代の長距離交易ルートが明らかになる。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
ローマ時代後期の沈没船の積荷が散乱する斜面で、水準器を使って勾配を測定する考古学者。これらの積荷から、さまざまな時代の長距離交易ルートが明らかになる。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
ヘレニズム期の沈没船はピトスと呼ばれる大甕を輸送していたが、その中身は長い歳月の間に失われてしまった。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
ヘレニズム期の沈没船はピトスと呼ばれる大甕を輸送していたが、その中身は長い歳月の間に失われてしまった。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
この小型のアンフォラは黒海で製作されたもので、高級ワインや調味料などの贅沢品が入っていたようだ。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
この小型のアンフォラは黒海で製作されたもので、高級ワインや調味料などの贅沢品が入っていたようだ。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
ローマ時代後期の沈没船のアンフォラをスケッチしたり大きさを測定したりする考古学者。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
ローマ時代後期の沈没船のアンフォラをスケッチしたり大きさを測定したりする考古学者。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]
ローマ時代のアンフォラを慎重に引き上げる考古学者。このアンフォラはアテネのギリシャ海洋考古学研究所で科学的に分析され、保存される。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
ローマ時代のアンフォラを慎重に引き上げる考古学者。このアンフォラはアテネのギリシャ海洋考古学研究所で科学的に分析され、保存される。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像をタップでギャラリー表示]

文=Nick Romeo/訳=三枝小夜子