地中海で大量の沈没船が見つかる、ギリシャ沖

ローマ時代後期の沈没船の積荷が散乱する斜面で、水準器を使って勾配を測定する考古学者。これらの積荷から、さまざまな時代の長距離交易ルートが明らかになる。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー