ウナギ大海原の旅、衛星タグで初めて追跡

ガラスの皿の中で泳ぐアメリカウナギの稚魚。最新の研究によると、アメリカウナギは産卵のため大海を2000キロ以上移動するという。(PHOTOGRAPH BY HEATHER PERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー