【動画】ヘラジカ、住宅地で迫力のガチンコ対決

9~10月は注意! 発情期のオスは気が荒い

2015.10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【動画】2頭のオスのヘラジカが米国アラスカ州の住宅地でガチンコ対決(2:19)

 米国アラスカ州サウスアンカレッジの閑静な住宅地で、2頭のオスのヘラジカ(ムース)が大きな体で角を突き合わせ、ぶつかり合って戦う様子を、近所の人がビデオカメラに収めた。

 2頭は住宅の庭先や道路でお構いなしに暴れ、撮影者は通りに停めた車の後ろに隠れて撮影した。

 ヘラジカの専門家クリスティン・M・ラインス氏によると、毎年この時期はヘラジカの発情期にあたり、オスは普段よりも気が荒くなって危険なので、車の後ろに避難したのは賢明であるという。

 ヘラジカの発情期は9月半ばから10月半ばにかけて。メスの体はこの時期になると妊娠の準備を整え、オスのテストステロン(男性ホルモン)分泌量も跳ね上がる。何も食べなくなり、首が太くなったオスは、メスを探して交尾することに全エネルギーを注ぐ。

「頭の中は、かわいいメスを見つけることでいっぱいになるのです」と、ラインス氏。発情期のオスが別のオスに遭遇すると、メスが目の前にいなくても、たいていはにらみ合いになる。「ほとんどの場合は強さをアピールするだけですが、時に角を突き合わせて押し合いになることもあります」

 それが、この動画に収められた戦いだ。

「通常はちょっとした小競り合いで終わります。どちらかが、相手の方が大きくて強いと判断すれば、さっさと逃げていきます」

 しかし、時には互いを傷つけてしまったり、死に至る場合も。ごくまれにだが、角ががっしりとからみ合って外れなくなり、そのまま餓死してしまう例もある。(参考記事:「ライオンVS.カバ、異例の対決」

 人間の住む地域に現れてやり合うことも珍しくない。「互いに相手に集中するあまり、自分がどこにいるのかわからなくなってしまうのです。都会のど真ん中で相手に出会ったとしても、そこで戦いを始めるでしょう」

 動画の中で、1頭の角から何か紐のようなものが垂れ下がっているのが見えるが、ラインス氏によればこれも珍しいことではないという。発情期になると、自分の角を藪などにはたきつけて、ライバルを威嚇する。人工物があっても同じような行動をとるので、屋外に置いてある家具やブランコ、その他様々なものを破壊してしまうことがある。また、その破片で自分の体を傷つけてしまうケースもまれにある。(参考記事:「動画:シャチの群れ、コククジラ母子を襲う」

 ヘラジカがすむ地域の住人や登山者は、発情期には普段よりも警戒し、大きくて気の荒い動物のそばには近寄らないようにとレインス氏はアドバイスしている(アラスカ州では、クマよりもヘラジカによる被害件数の方が多い)。

 ヘラジカを見かけたら遠くへ離れ、木や車など大きな障害物の影に避難するとよい。

参考動画: DVD『最強!アニマル決定戦 究極のファイター編』ダイジェスト


商品の概要はこちら

文=Brian Clark Howard/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加