南米チリ、巨大な海洋保護区を新設

チリ沖に新設された海洋保護区「ナスカ・デスベントゥラダス海洋公園」(緑色の部分)。面積はおよそ30万平方キロ。サン・アンブロシオ島(拡大図、右)とサン・フェリクス島(左)をとりまく海域で、ぱっくりと口を開けたパックマンのような形をしている。(MAP BY MATTHEW W. CHWASTYK, NG STAFF; SOURCE: UNDERSECRETARY OF FISHERIES AND AQUACULTURE, CHILE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー