世界最小のカタツムリを発見、大きさ1ミリ未満

今回発見された新種の一つ、Angustopila subelevataの殻の高さは0.83〜0.91ミリ。(PHOTOGRAPH BY DR. BARNA PALL-GERGELY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー