世界最小のカタツムリを発見、大きさ1ミリ未満

中国南部の土から、極小カタツムリの新種7種が発見された

2015.10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最小のカタツムリ、Angustopila dominikaeとマッチ棒の頭。(PHOTOGRAPH BY DR. BARNA PALL-GERGELY AND NIKOLETT SZPISJAK)
[画像のクリックで拡大表示]

 大きさが1ミリにも満たない極小のカタツムリは、肉眼ではさぞかし見つけにくいに違いない。

 アマチュアの貝収集家で、ハンガリー人のアンドラーシュ・フニャディ氏はしかし、中国南部の広西チワン族自治区まで調査に赴き、その難題に挑んだ。

 フニャディ氏は、狙いを石灰石の多い土に絞っていた。小さなカタツムリは、石灰石に含まれる炭酸カルシウムを使って殻を形成するからだ。彼は5袋分の土を採取し、カタツムリの分類を専門とする友人のバルナ・パル=ゲルゲイ氏の元へ届けた。

 極小のカタツムリを求めて土を丹念に調べていたパル=ゲルゲイ氏を待っていたのは、特大の発見だった。新種で、しかも世界最小のカタツムリが7種見つかったのだ。(参考記事:「体長1センチの新種カエル、7種を発見」

「目にした瞬間、これは新種だと思いました。具体的な種がなんであれ、中国でこうしたカタツムリが見つかったという話は聞いたことがなかったからです」とパル=ゲルゲイ氏は言う。新種発見についての論文は9月28日、学術誌「ZooKeys」に掲載された。

 新たに発見されたカタツムリはどれも非常に小さく、そのうち10個の個体は針の穴にも収まるほどであった。最小の種は殻の高さがわずか0.86ミリという驚異の小ささで、パル=ゲルゲイ氏の妻ドミニカさんにちなんでAngustopila dominikaeと名付けられた。

Angustopila dominikaeは殻の高さが0.86ミリという驚異の小ささ。(PHOTOGRAPH BY DR. BARNA PALL-GERGELY)
[画像のクリックで拡大表示]

極小カタツムリは謎が多い

 極小の巻き貝は世界中に生息しており、熱帯地方のサンゴ礁の隙間など海で多く見つかるが、カタツムリのように陸地の岩や洞窟で藻類や菌類を食べて暮らしている陸生の巻き貝もいる。しかし大きめの巻き貝に比べると、こうした小さな巻き貝については、研究があまり進んでいない。(参考記事:「カタツムリの「恋の矢」が相手の寿命短縮、東北大」

 素人目には、7種のカタツムリの殻はほとんど同じように見える。しかし専門家にとってその違いは明らかで、殻の長さ、幅、巻きの数、開口部の形状はもちろんのこと、軟らかい体を捕食者から守るために備わっている歯の数、形状、大きさなど、さまざまな違いがあるという。

 また極小カタツムリは遠くまで移動することができないため、一見うり二つに見える2匹のカタツムリがそれぞれ離れた場所で見つかった場合、それらは別種である可能性が高い。

 極小カタツムリは「石灰岩の山一つ分程度の非常に狭いエリアで暮らしているのです」とパル=ゲルゲイ氏は言う。

今回発見された新種の一つ、Angustopila subelevataの殻の高さは0.83〜0.91ミリ。(PHOTOGRAPH BY DR. BARNA PALL-GERGELY)
[画像のクリックで拡大表示]

生きた個体の発見も必要

 スイス・ベルンにある自然史博物館の巻き貝専門家、アイク・ノイベルト氏は、今回の論文は綿密な調査のもとに書かれていると評価している。

 ノイベルト氏によると、パル=ゲルゲイ氏らが発見・調査したのは殻のみだが、こうした研究においては、これは一般的な手法だという。(参考記事:「“絶滅”の陸貝を再発見、セーシェル」

 とはいえ、このカタツムリについてさらに詳しく知るためには、生きた個体を見つけることが肝要であり、その重要性はパル=ゲルゲイ氏も認識している。

 ノイベルト氏は、7種の新種が発見されたことは重要だが、意外なことではなかったと語る。「普通の人が目を向けないような場所も、生命に満ちあふれているのです」


【動画】カタツムリのゾンビ。カタツムリが寄生虫に体を乗っ取られて「ゾンビ化」した。

文=Carrie Arnold/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加