チュリュモフ彗星がアヒルの形になった理由

探査機ロゼッタがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)に接近した際、奇妙な形のために表面への着陸が容易ではないと判明した。アヒルのようなこの形がどのように形成されたのか、このほど研究者らは結論に達した。(Photograph by ESA/Rosetta/NAVCAM)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー