最新研究で見えてきた「生命の星」地球のレシピ

「ケプラー186f」は、主星のハビタブルゾーン内において初めて発見された地球型惑星である。大きさは地球の1.1倍で、専門家によれば、表面に水をたたえている可能性が高い。(ILLUSTRATION BY NASA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー