イルカ・クジラの「潜水病」、集団座礁の一因か

米国ハワイ島コナ地区沖のコブハクジラ(Mesoplodon densirostris)。コブハクジラをはじめとするアカボウクジラ科のクジラの顎の脂肪は、窒素ガスを溶かし込む能力が高いことが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY CHRIS NEWBERT, MINDEN PICTURES/NATIONAL GEOGRAPHIC)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー