エジプト王妃ネフェルティティの墓に新説

1898年に発掘され、「年下の女性」として知られるミイラ。最新のDNA鑑定の結果、これがツタンカーメン王の母親であるとされており、ネフェルティティの可能性がある。(PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー