堂尾みね子さん(14歳当時)と、郵便局員の制服を着た谷口稜曄(すみてる)さん(15歳当時)。ふたりは1945年8月9日、7万4000人の命を奪った長崎の原爆を生き延びた。(Photographs courtesy of Okada Ikuyo and Taniguchi Sumiteru)
[画像をタップでギャラリー表示]

 今から70年前の1945年8月9日、米軍のB-29爆撃機が日本の長崎に落とした原子爆弾は、街を壊滅させ、約7万4000人の命を奪った。(参考記事:「ラオス 空爆の時代を越えて」

『Nagasaki: Life After Nuclear War(ナガサキ:核戦争後の人生)』には、長崎の業火を生き延びた後、偉大なる勇気と不屈の精神をもって人生を歩んだ5人の被爆者の姿が描かれている。

 そのとき長崎では本当は何が起こっていたのか。著者のスーザン・サウサード氏に聞いた。

長崎に落とされた原爆によって生じたキノコ雲は、12キロ以上上空まで達した。(Photograph courtesy U.S. National Archives)
[画像をタップでギャラリー表示]

――長崎の被爆者を取り上げた本が米国で出版されるのは初めてです。なぜ70年もの間、こうした本が書かれなかったのでしょうか。

 広島の原爆について知っているという人はある程度いますが、長崎のことはほとんど知られていません。また多くの人が、原爆の生存者など存在しないと思っています。

 理由のひとつは、原子爆弾が機密情報として扱われていたこと。原爆の製造者やそれを指示した人間を除けば、その存在を知るのはほんのひと握りの軍のトップだけでした。原爆投下後は、米国でも日本でもいくつかの事情から、その被害は人々に知られないよう隠されていました。

 米陸軍省は、放射線による被害を否定していました。また占領軍のダグラス・マッカーサー元帥は、連合軍に対する「虚偽的又は破壊的批評」を禁じる厳しい報道基準を設けていました。米軍幹部は、日本の人たちが原爆の被害を反米プロパガンダに利用することを恐れたのです。

 当時のトルーマン大統領とスティムソン陸軍長官は、原爆の使用は正しい判断だったという主旨の記事が多く書かれるよう手を回していました。こうした正当化工作が徹底して行われたため、やがて日本での原爆使用については、「あの2発の原爆が戦争を終わらせ、数百万人の米国人の命を救った」と考えるのが常識となりました。

原爆投下前(左)と投下後(右)の長崎市街をとらえた航空写真。(Photograph by Kingendai/AFLO/Nippon News/Corbis)
[画像をタップでギャラリー表示]

――この本を書こうと思ったのはなぜですか。

 大きなきっかけとなったのは、1987年に当時57歳だった長崎の被爆者、谷口稜曄(すみてる)さんが講演ツアーのためにワシントンを訪れたことです。わたしはツアーの最後の数日間、彼の通訳を務めました。

 講演の合間に谷口さんから聞いた長崎での体験は、この上なく恐ろしいものでした。以来、核戦争を生き延びた人の人生とはいったいどういうものだろうという考えが、頭から離れなくなったのです。

――「爆心地(hypocenter)」とは具体的にどういう意味ですか。爆心地付近の爆風の破壊力とは、どれほどのものなのでしょう。

 原子爆弾は地上ではなく、街の上空500メートルで炸裂しました。爆風と熱線の破壊力を最大限に生かすために、あえてそうしたのです。「爆心地」とは、その爆発の真下にあたる場所です。爆心地の温度は5000~7000℃にもなりました。爆心地から相当に離れた地域まで、すべての建物は粉々になり、木々や生き物は吹き飛ばされるか、一瞬で炭になりました。

――今回の本に登場する谷口さんと堂尾みね子さんは、原爆が炸裂した瞬間、どこにいたのですか。

 当時16歳だった谷口さんは、自転車で郵便を配達している最中でした。約2キロ離れた爆心地からの爆風が、彼に背後から襲いかかりました。谷口さんは背中全体を焼かれ、腕と脚にもひどい火傷を負いました。近くにあった工場まで歩いて行くと、工員たちが彼を丘の斜面まで運び、うつぶせに寝かせてくれたそうです。彼はそこで、朦朧としたまま2晩過ごしました。

 堂尾みね子さんは、爆心地から約1.3キロの距離にあった三菱の魚雷工場にいました。堂尾さんは背中と首に深い傷を負いましたが、周囲で火の手が上がっていたため、急いで外に逃げ出しました。黒焦げの死体をまたいで土手にたどり着き、そこで彼女を探しに来た父親と再会しました。

長崎の原爆により全身にひどい火傷を負った若者。(Photograph by Corbis)
[画像をタップでギャラリー表示]

――谷口さんを襲った試練はあまりに過酷ですね。

 長崎市街には薬も病院もなく、谷口さんは郊外の村に移されて3カ月の間、最低限の世話だけを受けていました。長崎から35キロほど離れた大村海軍病院に収容されてから、ようやくまっとうな治療を受けることができたのです。

 彼はうつぶせに寝たまま、恐ろしい苦悶の中で3年間を過ごしました。横向きにも仰向けにもなることができなかったため、ひどい褥瘡に体をえぐられ、その傷は心臓が動いているのが外から見えるほど深かったそうです。

――堂尾さんはどのような人生を歩まれたのでしょうか。

 被爆後、堂尾さんの髪はすべて抜け落ちました。その後10年間、髪が生えてこなかったため、彼女は25歳になるまで家に閉じこもっていました。化粧品会社の長崎駐在員としてしばらく働いた後、東京本社に移りました。そこで彼女は懸命に努力を重ね、管理職にまで上り詰めます。当時、会社でそれほどの地位を得る女性というのは、まずいませんでした。

――被爆者は米国に対してどのような感情を抱いていますか。

 人によってさまざまです。私の知人のうち2人は、米国が原爆を落としたことに対して大きな怒りを感じています。一方で、悲しみと生き延びることに精一杯で、米国人のことはあまり考えなかったという人もいます。また今はもう米国人を恨んではいないと言う知人もおり、彼らは戦争を遂行したのはそれぞれの国の政府であって、個人の責任ではないと考えるようになったそうです。(参考記事:「原爆を運んだ米戦艦、撃沈から70年」

原爆投下から70年目を迎えた8月6日、川に灯籠を流す広島の人々。(Photograph by Chris McGrath/Getty Images)
[画像をタップでギャラリー表示]

――原爆を生き延びた人々との交流によって、あなた自身に変化はありましたか。

 人間がどれほどの勇気、不屈の精神、強さを持てるのかということを、改めて思い知らされました。また政治的、軍事的な行動や決定とその結果、それに対する我々の反応は、複雑な事情の上に成り立っていることを正しく認識しなければならないと痛感しました。

 被爆者の方々と知り合い、原爆によって一変させられた人生の中で彼らが出会った困難や大切な思い出を教えていただいた経験は、私を大きく変えました。(参考記事:「第一次世界大戦 知られざる遺産」

文=Simon Worrall/訳=北村京子