ライオン殺しの米国人、今後どうなる?

7月29日、米国ミネソタ州ブルーミントンにあるウォルター・パーマー氏の歯科医院の前で抗議する動物保護団体の人々。歯科医師のパーマー氏は、ライオンのセシルを殺害したとされる。(PHOTOGRAPH BY GLEN STUBBE, STAR TRIBUNE/AP)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー