室温設定で男女がケンカになる理由

部屋が暑い、寒いという感覚は、何によって決まるのか

2015.08.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱感知カメラを通して、体温の男女差を示した画像。とくに違いが大きいのは手で、女性の手は男性に比べて冷えている。(Photograph by Tyrone Turner, National Geographic Creative)
熱感知カメラを通して、体温の男女差を示した画像。とくに違いが大きいのは手で、女性の手は男性に比べて冷えている。(Photograph by Tyrone Turner, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 この季節、世間の男女のけんかの種になっているのは、お金でも性生活でも育児でもない。室温の調節だ。部屋をどれほど涼しくするかという問題は、とかく口論になりやすい。先日、気候変動の専門誌『Nature Climate Change』に掲載された論文は、室温をめぐるこの争いで、とくに職場では女性が不利な立場に置かれているとし、その理由を説明している。

 室温設定は、気候変動という現実的な問題にも影響を及ぼす。エアコンの稼働は、エネルギーの浪費と温室効果ガスの排出につながるからだ。ビルは炭素放出量の3分の1近くを占めている。

「現在は女性についての情報がきわめて不正確です」と、論文の著者でオランダ・マーストリヒト大学医療センターのボリス・キングマ氏は語る。一般的に女性は男性よりも代謝率が低いため、比較的暖かい部屋を好み、エアコンの使用も少なくなる。ところが米国では、ビルの室温は男性の代謝率に合わせて数十年前に定められた基準にもとづいている場合が多いという。

 この基準は複数の要素を考慮して定められているが、そのひとつが体重70キロの40代男性の安静時代謝率だ。こうしたモデルのせいで、女性の代謝率は最大35パーセントも過大評価されてしまう可能性があるという。

 エネルギー効率を改善するため、キングマ氏は若い女性のオフィスワーカー16人を被験者として密閉空間で実験を行った。そしてその結果をもとに、ビルの室温調整においては、代謝率に加えて、年齢、性別、体のタイプによって異なる体の断熱性を考慮した、より幅広いモデルを基準にすべきだと提案する。

 「今回の知見は、快適さの基準見直しに大きく貢献するでしょう」。オランダ・フォンティス応用科学大学のヨースト・ファン・フーフ氏は、添付論文でそう書いている。地球温暖化によって冷房の使用が増すなか、ビルの温度を最適に調整することによる省エネ効果はさらに大きくなっていくとフーフ氏は言う。ただしキングマ氏の実験はサンプル数が少ないため、不動産開発業者や建築技師を説得するには、より大規模な研究が必要になりそうだ。

 キングマ氏は近い将来、住宅のハイテク化が進み、腕時計などの機器が住人の新陳代謝率を正確に測定して、サーモスタットが自動的に室温を調整してくれるようになることを期待している。(参考記事:「自動運転タクシーで温室効果ガス94%減、米研究」

一般的に、男性は女性よりも低い温度を好む。写真は汗を拭きながら仕事をする1930年代のオフィスワーカー。(Photograph by H. Armstrong Roberts, ClassicStock/Corbis)
一般的に、男性は女性よりも低い温度を好む。写真は汗を拭きながら仕事をする1930年代のオフィスワーカー。(Photograph by H. Armstrong Roberts, ClassicStock/Corbis)
[画像のクリックで拡大表示]

 では何百人もの人が働くオフィスビルの場合は、どんな方策が考えられるだろうか。「換気椅子」の活用を勧めるのは、カリフォルニア大学バークレー校の研究者だ。彼らは、ファン3つと発熱体2つを組み込んだ電池式のメッシュ椅子を開発した。使用者が椅子の温度を調整すれば、個人ごとに温度を最適化できる。

 「すべての職場にサーモスタットを置くよりも効率がいいはずです」と語るのは、同プロジェクトの共同治験責任者であるエドワード・アレンス氏だ。今年1月、彼のチームはこの椅子に関する論文を発表した。この椅子にはまた、使用者がいないときには省エネセンサーが作動して、内蔵の暖房・冷房機器のスイッチをオフにする機能も備わっているという。(参考記事:「米国で狭小住宅がブーム?!」

 しかし、こうしたハイテク椅子やハイテク住宅は、すぐに実用化されるものではない。当面の間、同居するカップルは室温のことで口論を続けるしかないのだろう。

 「私は常に妻の意見に従うことにしています。それもひとつの解決方法ですよ」とキングマ氏は笑うが、実際には、彼が帰宅して夫人が室温を上げているのに気づくと、つい温度を下げてしまうそうだ。(参考記事:「省エネ生活で何が変わる?」

文=Wendy Koch/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加