地球に「最も似ている」太陽系外惑星を発見

NASAのケプラー宇宙望遠鏡が「地球のいとこ」を探し当てた。大きさは地球の1.6倍で、太陽に似た恒星を主星とする惑星系のハビタブルゾーンにある。(PHOTOGRAPH BY NASA/AMES/JPL-CALTECH/T. PYLE)

【元の記事へ戻る】