冥王星“接近通過”をめぐる10の疑問に答える

7月11日、ニューホライズンズが400万キロ離れた位置から撮影した冥王星。衛星カロンに面した側で、赤道付近の不思議な幾何学模様や、下方の黒い斑点状の領域が確認できる。(Photograph by NASA/JHUAPL/SWRI)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー