足がすくむ! ドローン写真コンテストの受賞作

サメに囲まれた自撮りや、大潮のモン・サン・ミッシェルなど

2015.07.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サメに囲まれてシュノーケリングしているところをドローンで自撮り。フランス領ポリネシア、モーレア島近く。自然部門、第1位。(photograph by Mike Gandouin, Dronestagram)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドローンスタグラム(無人航空機のドローンで撮影した画像のSNSサイト)は、昨年に続き第2回となる今年のドローン写真コンテストの受賞作品を発表した。

 審査員を務めたのは、ナショナル ジオグラフィックの写真家ケン・ガイガー氏、ナショナル ジオグラフィック・フランス版の編集長ジャン=ピエール・ブリニョー氏、ドローンスタグラム創立者でCEOのエリク・デュパン氏。「創造性、写真のクオリティ、モチーフへの敬意」を重視し、5000以上の応募作品に目を通した。(参考記事:「鷹の目、無人機写真コンテスト」

「ドローン画像には、ほかの画像にない可能性があります」と、ピュリツァー賞を受賞したこともある写真家のガイガー氏は語る。さらに、デジタル技術が写真の世界を大衆へと広げたのと同じように、ドローンが写真の世界を広げる、と付け加える。(参考記事:「アヌシーの夕景、無人機写真コンテスト」

「ドローン写真は、新しい視覚言語です」と語るのは、デュパン氏だ。「世界を見るための、新たな方法なんです」

 コンテストには、自然、場所、「ドローニー(ドローンによる上空からの自撮り)」などの部門がある。ガイガー氏によれば、「これは究極の自撮り棒のようなもの」だという。今年のドローニー部門の受賞作品は、絵本『ウォーリーをさがせ!』がモチーフ。赤と白の縞模様のウォーリーたちが、宙に浮いたドローンに向かって腕を伸ばしているところを撮った。(参考記事:「巨人の目、無人機写真コンテスト」

 以下は、2015年のドローン写真コンテスト受賞作品。

モン・サン・ミッシェル

photograph by Jérémie Eloy, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 フランス、大潮でノルマンディー沖に孤立したモン・サン・ミッシェル。場所部門、第2位。

ロスト・アイランド

photograph by Ludovic Moulou, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 南太平洋に浮かぶフランス領ポリネシアの島で、夕日を待つ観光客。自然部門、第3位。

断崖から飛び込む男

photograph by Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 断崖から海に飛び込んで、日銭を稼ぐ男たち。メキシコ、マサトラン。人気部門、第3位。

夜のプロブディフ

photograph by Svetlin Marinov, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 ブルガリアのプロブディフは、ヨーロッパ最古の都市のひとつ。人気部門、第2位。

海での水泳大会

photograph by Kevin Dilliard, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 米国カリフォルニア州ラホーヤで開催される、毎年恒例の水泳大会。自然部門、第2位。

霧を眼下に

photograph by Ricardo Matiello, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 濃い霧の上に突き出すマリンガ大聖堂の尖塔。ブラジル、パラナ州。場所部門、第1位。

チューリップ畑

photograph by Anders Andersson, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 オランダのチューリップ畑を見回りながら、ウィルス感染した花を除く男たち。場所部門、第3位。

ウォーリーをさがせ!

Photograph by Marios Demetriou, Dronestagram
[画像のクリックで拡大表示]
 キプロス、リマソルの謝肉祭でドローンを見あげる人々。ドローニー部門、第1位。


【参考記事】ドローンで空撮、巨大洞窟の鳥肌ものの地下世界

【参考記事】【動画】好奇心旺盛なチンパンジーがドローンを撃墜

文=Greta Weber/フォトギャラリー=Emily Jan/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加