写真で見る自転車の100年

1920年代のツール・ド・フランス 。予備のタイヤチューブを体に巻きつけた参加者が、走りながらタバコに火をつける。当時、タバコはレースに活力を与えると考えられていた。(Photograph by Presse Sports)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー