【動画】生後4週間のアライグマが木登りの特訓

母親による愛のスパルタ教育

2015.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


生後4週間の子どもに木登りを特訓する母アライグマ。(Video: Newsflare/reidvisions)

 はじめはうまくできなくても、何度も繰り返しトライしよう。それでもだめなら、ちょっぴり母の手を借りればいい――。動画を撮影したジェフリー・リード氏は、米国ワシントン州ポートタウンゼンドにある実家の裏庭で家族と一緒に、母アライグマが木に作った巣穴を見ていた。

 「見てすぐにわかりました。母アライグマが子どもに木登りを教えていたんです」。リード氏は、電子メールでナショナル ジオグラフィックにそう伝えてきた。(参考記事:「子を襲われた母ウサギが、ヘビに猛反撃」

 アライグマなどの動物はたいてい、母親のすることを見よう見まねで覚えていく、と米国フロリダ州立大学の生物学者ジョセフ・トラビス氏は言う。

 「母さんをよく見て、おまえもやるのよ! と、この母親は言っているんです」とトラビス氏。「母アライグマは繰り返し子どもを木の幹に押しつけて、登らせようとしていますね」

 動画では、母アライグマは子どもの首をつかみ、落ちないように何度も子どもの体勢を整えている。「うまくできるようになるまで、試行錯誤を繰り返すんです」とトラビス氏は語る。

安全な場所

 木登りは、アライグマがオオカミなどの木に登れない天敵から逃げるのに欠かせない技術だ、と米国ユタ州オグデンにあるウィーバー州立大学の動物学者でアライグマ研究の第一人者、サム・ゼベロフ氏は言う。

 とくに木の洞(うろ)はアライグマが生き延びていくのに大事な場所。北米のほ乳類がよく木に巣を作るのは、安心して眠ったり子育てしたりできるからだ、とゼベロフ氏。

 このアライグマの親子は、母親が暮らしていた元の巣が人間の活動のせいで住めなくなり、新しい巣穴を見つけるしかなくなってここに来たのだろう、と米国ワシントンD.C.にある動物愛護協会の野生生物の専門家、ランド・マッコール氏は推測する。

 巣穴には、母親たちの帰りを待つ子どもがさらに2、3匹いるかもしれない、とマッコール氏は言う。

 マッコール氏によると、撮影された子どもは生後4週間程度。「自力で木登りするには、どうもまだ早すぎるようですね」。マッコール氏はそう語り、アライグマが木登りを覚えるのはたいてい生後2カ月だと付け加えた。

 そのため、この母アライグマはあと一息のところまで子どもに手を貸すことに。そして最後のひと押しで、子どもはようやく木にしがみつき、よたよたと登っていった。

 母のスパルタが実ったのだ――ひとまずは。

文=Greta Weber/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加