中国CO2削減の意気込み、衛星写真で見えた

ゴビ砂漠の太陽電池パネルが3年で3倍に

2015.07.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが公開した2枚の衛星写真。ゴビ砂漠を覆う太陽電池パネルの面積は、3年前(上の写真)と比較して現在は約3倍に増えている。国連の掲げる二酸化炭素排出削減目標の達成に向け、中国が太陽光エネルギー活用の取り組みを進めていることがうかがえる。

中国のゴビ砂漠を撮影したNASAの衛星写真。2012年10月15日に撮影された。(PHOTOGRAPH BY JESSE ALLEN, NASA EARTH OBSERVATORY)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年5月22日に撮影されたもの。3年も経たないうちに太陽電池パネルがおよそ3倍に増えている。(PHOTOGRAPH BY JESSE ALLEN, NASA EARTH OBSERVATORY)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国は6月30日、今後15年間で温室効果ガス排出量の上昇を食い止め、エネルギー消費に占める非化石燃料の割合を20%まで拡大すると発表した。昨年、米国との合意で取り決めた内容に近いものだが、今年12月にパリで行われる気候変動会議をにらんだ発表とみられる。

 この目標は、中国が太陽光エネルギーの分野で急速に世界のリーダーとなりつつあることを示している。中国は、世界の太陽電池パネル製造において3分の2のシェアを占めており、国際エネルギー機関(IEA)によれば、昨年は太陽光発電容量をどの国よりも拡大させた。累積容量ではドイツがいまだ世界第1位だが、第2位の中国は間もなくその差を埋めるだろうと予測されている。

 その秘密は、ゴビ砂漠にあった。甘粛省北東部には、土地も太陽光もふんだんにある。ここに6年近く前、中国初の大規模な太陽光発電施設の建設が始まった。(参考記事:「世界最大の水上メガソーラー、日本で建設」

再生可能エネルギーに巨額投資

 IEAによると、中国は2014年に太陽電池パネルの発電容量を37%増加させ、28.1ギガワットまで拡大した。また、2015年の第1四半期だけで、さらに5ギガワット追加している。

 中国は、再生可能エネルギーに巨額の投資を行っている。3月に発表された国連環境計画の報告によると、昨年の投資額は前年比39%増の833億ドルに達した。これは他のどの国をもはるかにしのぐ記録的な額だ。第2位の米国の投資額は、その半分以下だった。

 最新の統計によると、太陽光を含む再生可能エネルギーによる発電量の増加率も、中国が世界最大となっている。

 世界資源研究所の気候プログラム主任ジェニファー・モーガン氏は、「恒常的な大気汚染への対策と気候変動の影響抑制、それに再生可能エネルギーが生み出す雇用拡大に国の強い関心が向けられており、それが主な動機付けとなっています」と説明する。今や世界最大の温室効果ガス排出国となった中国だが、この調子で再生可能エネルギーの推進を続ければ、排出削減目標を達成するのも夢ではないと、モーガン氏は付け加えた。(参考記事:「太陽光発電は本当に環境に優しいか?」

 ロイター通信によると、中国の李克強首相は、「(2030年)より早い時期の目標達成に向けて努力する」と声明を出した。

 太陽電池パネルにおける世界的な見通しは明るい。価格が手ごろになり、曇天の日や夜間用の蓄電システムも発達し、太陽光エネルギーの分野は爆発的な成長を見せるだろうとブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスは予測している。2040年までには、中国の伸びも手伝って、新たな発電施設における発電容量の3分の1を太陽光発電が占めるようになるかもしれない。

 しかし、それだけで地球温暖化の抑制には十分なのだろうか。IEAは、他の分野でもめぼしい対応策が取られなければ、「世界の平均気温の上昇を産業革命以前と比較して2℃未満に抑える」という国際目標を達成するのは難しいだろうと懸念している。(参考記事:「研究報告:「温暖化は停滞」に反論」

文=Wendy Koch/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加