物資の残りわずか2カ月分、国際宇宙ステーション

7月3日含め補給チャンスはあと2回。スペースXの爆発事故で

2015.07.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地球の輪郭を背にした国際宇宙ステーション。米国、ロシア、日本、欧州が分担して補給物資を届けている。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 6月28日、国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資を積んだ米スペースX社のロケットが、打ち上げ後に爆発した。これで、宇宙ステーションへの物資補給ミッションは3回立て続けに失敗したことになる。

 過去1年間で、大量の食料、資材、実験機器が煙と消え、宇宙ステーションと宇宙飛行士への補給問題だけでなく、急成長を見せる民間宇宙産業の先行きを懸念する声が上がっている。

 一方、3人の宇宙飛行士が滞在する宇宙ステーションの時計は着実に進み続けている。

「民間企業による補給プログラムでは、補給機の損失も計算に入れられている」とNASAのチャールズ・ボールデン長官は声明を出した。しかし、度重なる失敗の結果、宇宙ステーションでは7月末までには予備の食料とトイレ用タンクに手をつけざるを得ず、それらも9月第1週には底をつくだろうとNASAは見積もっている。

 NASAが宇宙ステーションへの物資補給を民間に委託した事故としては、この1年間で2度目だ。

国際宇宙ステーションへの補給物資を積んだスペースX社のロケットは、打ち上げから数分後に爆発した。(Video: NASA)

 昨年10月には、別の民間企業オービタルATK社のロケット「アンタレス」が、やはり打ち上げ直後に火だるまと化した。そして今年4月には、NASAではないが、ロシア宇宙庁ロスコスモスのロケットが軌道を大きく外れ、1週間以上経ってから大気圏で炎上した。(参考記事:「NASAの物資補給用ロケットが爆発」「爆発のロケット、なぜソ連製エンジン?」

 今年9月前までに、打ち上げが計画されている補給ミッションは2回しかない。

 7月3日(日本時間13時52分の予定)には、ロスコスモスが4月に失敗したのと同様のソユーズロケット打ち上げを計画している。ロシアは事故の原因を特定してすでに解決済みとしており、6月初めにはソユーズを使って人工衛星を軌道へ乗せることに成功している。

 もうひとつのミッションは、8月に日本が打ち上げを予定している日本のロケットによるものだが、日本のロケットでは2001年以来28回の打ち上げのうち、失敗は1度だった。

 2つのミッションにかかるプレッシャーは大きい。「これらのミッションが成功すれば、今回の事故は問題であっても危機ではありません」米ジョージ・ワシントン大学宇宙政策研究所所長のジョン・ログスドン氏は言う。「物資の備蓄が残り2~3カ月分というのは、安心できる状況とは言えません」

 どんな打ち上げ用ロケットでも、初めは失敗がつきものであり、失敗から学んでいくのだと、同大学の宇宙政策専門家ヘンリー・ハーツフェルド氏も言う。「短期的に見ると、事故が発生すれば疑問や問題が持ち上がります。長期的に見れば、1社だけが連続して失敗するという事態がない限り大丈夫なものです」

 しかしだからといって、宇宙ステーションに滞在中の3人の宇宙飛行士が安心できるわけではない。そのうち2人は9月以降もとどまり、またその間にクルーの数は倍の6人に増える予定だ。

有人の「宇宙タクシー」計画にも影響

 スペースX社は、2011年のスペースシャトル引退前にNASAの契約を勝ち取った。国際宇宙ステーションへの物資補給は複数の国が分担して行っているが、米国は輸送手段を持たず、ロシアへの外注を検討していた。

 そのため、国内の民間宇宙企業は、補給ビジネスを自国へ取り戻す活路として期待がかけられていた。(参考記事:特集「果てなき宇宙への夢」

7月3日に打ち上げ予定のロシアの補給ミッションが失敗すれば、NASAの宇宙飛行士スコット・ケリー氏(写真右)は非常用の食料に手をつけなければならなくなる。(PHOTOGRAPH BY NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが今回の事故が発生したことで、NASAの有人飛行計画にも暗雲が垂れ込めてきた。現在、一時的措置としてNASAの宇宙飛行士はロシアのロケットに同乗させてもらって宇宙ステーションを行き来しているが、スペースX社とボーイング社がその任務を引き継ぐべく、2017年の運行開始を目指して「宇宙タクシー」の開発に取り組んでいる。

 しかし事故のせいで、スペースX社の有人飛行計画は遅れを取る可能性がでてきた。人間を乗せた飛行は、荷物だけを運ぶ任務よりも厳しい基準を満たさなければならないためだ。

「これで、ボーイング社のカプセルの方が先に有人飛行を開始する可能性が高まってきました」と、ログスドン氏は語る。ただし、そこにも懸念材料が持ち上がっている。事故で失われた積荷の中には、スペースX社とボーイング社のカプセルをドッキングさせるために宇宙ステーションへ設置するはずだった設備も含まれていたのだ。

スペースX社の将来は?

 今回の事故がスペースX社へどれだけの打撃を与えるかは、事故の原因と修正の程度によるが、原因究明には時間がかかりそうだ。「1年はかからないとしても、少なくとも数カ月は要するでしょう」と、ハーツフェルド氏は見ている。

 スペースX社は他にも多くの打ち上げ計画を控えており、また他のオプションが高額なため、総額70億ドルに上るという同社の宇宙事業が危機的状況に陥ることにはならないだろうとログスドン氏は言う。だが、米国空軍としては、国家の安全保障に関わる契約をまだ若い新興企業へ任せることには慎重にならざるを得ないだろう。(参考記事:堀江貴文インタビュー「宇宙ビジネス、勝算あり」

 スペースX社がそうした契約へ入札する権利を手に入れたのはつい最近だ。対する相手は、ロッキード・マーティン社とボーイング社による巨大共同事業ユナイテッド・ローンチ・アライアンス社である。同社は、莫大な資金を投じた「アトラス」や「デルタ」などのロケットを擁する。「次の軍による入札競争では、スペースX社はかなり苦しい立場に立たされるでしょう」と、ログスドン氏は言う。

 宇宙飛行には常に危険が伴うとはいえ、スペースX社がこれほど見事な失敗を犯すと予測した者は多くはない。その伝説的な創立者イーロン・マスク氏は、安価な商業用宇宙船の可能性を説く、いわば新たな宇宙時代の申し子としてもてはやされてきた。(参考記事:「民間宇宙船ドラゴン、打ち上げに成功」「ドラゴン、ISSへ初の正式な物資輸送」

「スペースX社は、新しい宇宙産業の先駆け的存在としてここまできました。この事故で、その評判に陰りがさすのは避けられないでしょう」と、ログスドン氏はコメントした。

文=Devin Powell/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加