【動画】ココナツの殻を運ぶタコの動画で話題沸騰

これは道具を使っていると言えるのか?

2015.06.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 好物のカニやホタテを探し回っている時でも、タコは常に敵からの攻撃に備えている。利口な8本足のこの生きものは、ココナツの殻などをよろいの代わりにして持ち歩き、身を守ることもある。

 そのタコが、半分に割られたココナツの殻を2つ抱えて海底を歩いている姿を捉えた動画がYouTubeで話題を集めている。タコは急に立ち止まると、2つの殻を上手に合わせて中に入り込んだ。

 タコのこのような行動は以前から知られていた。2009年、オーストラリアのメルボルンにあるビクトリア博物館の生物学者らのチームが、インドネシアの北スラウェシ州で、初めてその様子をビデオで撮影した。(参考記事:「ココナツの殻を運ぶ知能の高いタコ」

相次ぐ道具を使う動物の報告

 長い間、道具を使うのは人間だけであると信じられてきたが、現在行われている研究で、道具を使う動物は他にもいることが分かってきた。

 例えば、チンパンジーはシロアリの巣に小枝を突っ込んで餌をかき出す。ハンドウイルカは海綿を使って獲物を海底からすくい取り、クロスジオマキザルは木の実を石で叩き割る。(参考記事:「チンパンジーの好奇心」「動物の知力」

 何をもって道具使いとするか、明確な定義はないが、2009年の動画を撮影した生物学者ジュリアン・フィン氏は、ココナツを運ぶのはその一例だとしている。なぜなら、タコは後で使うことを想定してココナツの殻を拾って組み合わせていたからだ。

 しかし、この意見に懐疑的な専門家もいる。

 タコやイカの話題を取り上げるウェブサイト「The Cephalopod Page」を運営している海洋生物学者ジェームス・ウッド氏は次のように話す。「私の家は、道具ではなく、あくまで私の家です。ただし、その家の内壁を取り付けるために使うハンマーやドライバーは、道具です」

 ウッド氏は、道具とは動物が周囲の環境と関わり、変化を加えるために用いる物であると考えている。

「ココナツを運ぶタコが道具を使っていると言うなら、身を守るために何かを運んだり利用する動物は全て道具を使っていると言うことになります。どこかで線を引かなければなりません」

 しかし、カナダのアルバータにあるレスブリッジ大学の心理学・神経科学教授ジェニファー・マザー氏は、タコも道具を使うことがあると反論する。マザー氏は、タコがねぐらとする穴の砂や泥のかたまりをきれいに払い、入り口に石を積み上げたりするために、海水をジェット噴射する方法を研究したことがある。「道具の使い方をひとくくりにできないことは明らかです」と彼女は言う。「それはとても魅力的な行動でしたが、複雑な行動でもありました」(参考動画:「タコが写真を撮る動画が話題に」

守りが重要

 いずれにせよ、タコは周囲の環境を巧みに操り、擬態するのが得意であるという点に議論の余地はないと、フィン氏は言う。
(参考動画:「電光石火、カニを奇襲するタコ」

 二枚貝など他の軟体動物と違って、タコには敵から身を守るための硬い殻がないため、生き残るには創造性が必要となる。驚くほどの正確さで背景に溶け込めるよう体の色を変化させたり、危険を察知すると墨を吐いたり。

 ウッド氏は、ココナツを運ぶという行動も、周囲に何もない場所で安心したいためかもしれないという。

 ここで紹介している動画のタコは、平坦で周囲に隠れるところが何もない海底を歩いているが、これはタコにとって理想的な環境ではない。タコは、自分の巣穴をサンゴ礁の下に掘ったり、海底から突き出た岩にこしらえたりして、生涯のほとんどをその中で過ごしている。
 
「餓死したり、病気になって死ぬということは、それほど多くありません。ほとんどの場合、タコは別の生物に食べられてしまうのです」とウッド氏は付け加えた。

文=Matt McCall/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加