ライオンはなぜ観光客を殺したのか

人間は簡単な獲物だった

2015.06.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南アフリカ共和国のカパマ・ゲーム・リザーブのライオン。(Photograph by Sergio Pitamitz, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 南アフリカ共和国の国立公園を訪れた米国人観光客に、雌ライオンが襲いかかった。それはライオンが最強の捕食動物として進化してきた結果だと専門家は言う。

 事故が起きたのはヨハネスブルクの北30キロにあるライオンパークで、件のライオンは開け放った車の窓から女性観光客に襲いかかった。車を運転していたツアーガイドは、ライオンを追い払おうとして腕に怪我を負った。

「ライオンの周囲にいる生物は、なんであろうと彼らの餌食となる可能性があり、人間だけが例外だと思うのは大きな間違いです」。ナショナル ジオグラフィック協会の大型ネコ科動物保護プロジェクト「ビッグキャッツ・イニシアティブ」の責任者ルーク・ダラー氏はそう語る。

「大型のネコ科動物と共存しているサルの仲間たちは、最強の捕食者であるライオンとの関係で自分たちがどういうポジションにあるのか、正確に感じ取っているはずです」(参考記事:「ライオンはなぜ人を襲うのか?」

 ライオンなどの肉食動物がいる場で、こちらがうっかり気を抜くことが危険につながるとダラー氏は言う。「我々には大きなかぎ爪も牙もないし、体も大きくありませんから」

病気や年老いたライオンに注意

 ダラー氏によると、毎年数十人にのぼる人々がライオンに襲われているという。(参考記事:「ライオンと人間、共存の道はあるか」

 病気のライオンや年老いたライオンは、以前のように獲物をとるのが難しくなるため、人間を狙うことがある。彼らにしてみれば人間は、比較的簡単に手に入る獲物なのだ。「たとえばインパラの横に人間が立っているところにライオンがやってきて、何か食べようかなと思った場合、おそらくインパラは逃げるでしょうが、人間では逃げ切れません」

 それでも、野生のライオンを見に行くこと自体を怖がる必要はないとダラー氏は言う。ただしライオンが人間を獲物として認識し、襲いかかってくる可能性があることを忘れてはならない。

 たとえばライオンパークでは、こうした事故を避けるために、敷地内では車の窓を閉めておくことが義務付けられている。(参考記事:「米動物園のリカオンが男児を襲った理由」

「この悲劇から、せめて何かしら学ぶことができればいいのですが。ライオンが『ジャングルの王者』と呼ばれていることには、意味があるのです。我々はライオンのありのままの姿と、彼らの習性に敬意を払わなければなりません」

文=Mary Bates/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加