冥王星の「踊る」衛星を発見、ハッブル望遠鏡

冥王星とその衛星の想像図。手前に描かれているのが冥王星。既知の5つの衛星のうち圧倒的に大きいカロンは冥王星と連星系を形成していて、その周囲を4つの小さな衛星が公転している。(PHOTOGRAPH BY NASA/JOHNS HOPKINS UNIVERSITY APPLIED PHYSICS LABORATORY/SOUTHWEST RESEARCH INSTITUTE)

【元の記事へ戻る】