マリファナ合法化の波、米連邦にも

医療用から広がる規制緩和

2015.06.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米コロラド州の医療用マリファナ支援団体のピクニックで発作を起こした娘のシドニー・ユネックをいたわるホリー・ブラウン氏。写真の4人はカンナビジオール(CBD)を手に入れるため、嗜好用および医療用のマリファナが合法化されているコロラド州に移住してきた。CBDはマリファナの活性成分の1つだが、精神活動に影響を及ぼすことはなく、一部の小児てんかんを軽減または予防する作用がある。(PHOTOHGRAPH BY LYNN JOHNSON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国における大麻使用者は、2000万人を上回る。連邦法では所持も吸引も違法だが、23州と首都ワシントンD.C.では、医療用の大麻が合法化された。嗜好品としての使用についても、多くの州で罰則が軽減されたり、撤廃されつつある。

 医療用マリファナの合法化に反対する人々は、子どもへの影響を根拠にしてきた。「子どもたちのことを考えろ」は、最強の政治的行動原則だ。けれども今、子どもたちの苦しみが、連邦政府による規制を緩和に向かわせようとしている。

子どもたちの発作に効果

 米国では現在、数千人の子どもたちがドラベ症候群とレノックス‐ガストー症候群に苦しんでいる。どちらも小児期に発症するまれなてんかんで、毎日何十回も何百回も重い発作が起こるが、通常の抗てんかん薬はまったく効かない。

デンバーの東に広がる灌漑畑では、外側に植えたトウモロコシを目隠しにして大麻が栽培されている。この品種の大麻は、薬効が期待されるCBDの含有量が高く、精神活動に影響を及ぼすTHCはほとんど含まない。収穫された大麻の一部は、小児てんかんの治療に用いられるCBDオイルに加工される。(PHOTOGRAPH BY LYNN JOHNSON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年、米国食品医薬品局(FDA)は、エピディオレックスという薬物の臨床試験を許可した。この薬物は、マリファナに含まれる85種類の活性成分(カンナビノイド)の1つであるカンナビジオール(CBD)を原料にしている。初期の臨床試験からは有望そうな結果が得られていて、12週間の治療を受けた患者の54%で発作の回数が減少し、9%は発作が全く起こらなかった。臨床試験は次の段階に進み、偽薬を使った対照試験が行われている。(参考記事:ナショナル ジオグラフィック2015年6月号『マリファナの科学』

 一方、科学者たちはCBDの作用メカニズムの解明にのりだしている。同じカンナビノイドであっても、CBDはテトラヒドロカンナビノール(THC)のように精神に作用することがない。カリフォルニア大学サンフランシスコ校小児科てんかんセンターの所長で、エピディオレックスの研究にも参加したジョゼフ・サリバン氏は、「マリファナの活性成分のうち、強い抗てんかん作用を示すのはCBDだけであることが分かっています。品種改良により、THCの含有量が低く、CBDの含有量が高い大麻が新たに作られています」と言う。

ロサンゼルスの医療用CBDオイル製造所で作業をするレイ・ミルザベジアン氏。彼は、ドラベ症候群という小児てんかんに苦しむ自分の娘のためにCBDオイルの製造を始めたが、今では50人以上の子どもが彼のオイルを利用し、1000人以上が予約待ちをしている。(PHOTOGRAPH BY LYNN JOHNSON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 科学者によるCBDの研究は、法律と官僚主義に何度も阻まれてきた。CBDには精神を高揚させる作用がないにもかかわらず、マリファナの活性成分であることを理由に、規制物質法により「スケジュールI」に分類されているからだ。このスケジュールに分類されるのは、LSDやヘロインなど、「乱用のおそれが高く」、「現時点で米国における医療目的での使用が認められていない」薬物だ。

合法化への道程

 オバマ政権や米国議会には、マリファナやカンナビノイドが医学的恩恵をもたらす可能性があることを認め、研究への制限を緩和できるようにスケジュールを変更する権限がある。けれども、米国屈指のシンクタンクであるブルッキングス研究所のジョン・ハダック氏は、マリファナのスケジュールが変更されることはしばらくないだろうと予想している。世論調査によれば、保守的な州でも医療用マリファナへの支持が広まっている。とはいえ医療用マリファナの合法化を強く求める人々はあくまでも少数派で、市民の間にはマリファナに対する根強い恐怖があるため、選挙で選ばれる政治家は積極的に取り組もうとはしないからだ。

医療用大麻が合法化された州
[画像のクリックで拡大表示]
嗜好品としての使用が緩和された州
*オレゴン州は2015年7月1日現在の状況。 **軽い交通違反と同様の扱い。
JOHN TOMANIO, NG STAFF; SHELLEY SPERRY SOURCES: MARIJUANA POLICY PROJECT; NATIONAL CONFERENCE OF STATES LEGISLATURES
[画像のクリックで拡大表示]

 けれどもハダック氏は、CBDを研究したいという科学者や医師の声がもっと大きくなれば、一般の人々のカンナビノイドへの抵抗感を弱められるだろうと考えている。そして近年、カンナビノイド薬への関心が高まっているのは、医師の意識に変化が生じているからだと見ている。彼の言葉を借りれば、「医師の意識を変えるのは政治家の意識を変えるよりはるかに難しい」ので、これは重要な変化である。

 米国小児科学会は今年初めて、「現時点で適切な治療法がなく、命を脅かし、あるいは激しい衰弱をもたらす」小児疾患の治療薬の開発を促すために、マリファナのスケジュールの変更を求める声明を出した。「もっと多くの医学会がカンナビノイド薬への支持を表明するようになれば、政治家は選挙民の理解を得て改革を進めやすくなるでしょう」とハダック氏は言う。

 連邦政府はカンナビノイド薬についてどう考えているのだろうか?

 それを推し量るためのヒントになるのが、連邦政府が唯一大麻の栽培を認めているミシシッピ大学への対応だ。同大学は、米国国立薬物乱用研究所(NIDA)の監督下で研究用の大麻を栽培しているが、この4月には「カンナビジオールに関する研究および薬物の開発が予想以上に増加している」ことを理由に、大麻の栽培量を予定の3倍に増やすように要請された。また、同大学が直接カンナビジオールを製造することも許可された。

ロサンゼルスの医療用マリファナ薬局で順番を待つ家族。親たちは、がん、てんかん、自閉症、クローン病など、さまざまな病気の子どもにCBDオイルを投与している。個別の事例では有効性を示唆するものもあるが、医学的研究はほとんど行われていない。(Photograph by Lynn Johnson, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

薬効の科学的検証へ

 エピディオレックスを製造する英国のGWファーマシューティカルズ社は、最近、新生児低酸素性虚血性脳症の治療にCBDを使えるかどうかを調べる前臨床試験の許可を米国食品医薬品局(FDA)から得ることができたと発表している。

 新生児低酸素性虚血性脳症の子どもたちはてんかん発作を含む複数の障害に苦しむが、現時点でFDAが認可している治療薬は存在しない。研究者らは、CBDは発作を抑えるだけでなく、強力な抗炎症作用もあり、脳損傷の影響を緩和することができるため、こうした子どもたちに有効なのではないかと考えている。

マディソン・ジョンソンちゃんを診察するニューヨーク大学の神経科医オリン・デビンスキー氏。彼女は、デビンスキーによるエピディオレックスの臨床試験に参加している25人の患者の1人だ。両親の報告によると、この薬を飲み始めてからマディソンの発作は短く、軽くなり、以前より集中できるようになったという。初期の臨床試験の結果は良好で、現在は次の段階に入っている。(Photograph by Lynn Johnson, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

 FDAがカンナビノイド研究を承認する方向に動きはじめているのは明らかだ。現時点では、研究の対象は有効な治療法のない稀な疾患に制限されているが、科学者たちは、カンナビノイドを利用したアルツハイマー病や統合失調症の治療にも研究範囲を広げたいと希望している。こうした研究から有望そうな結果が出たら、連邦政府は規制物質法におけるマリファナのスケジュールを変更し、薬物としての価値を認めるようになるかもしれない。

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年6月号

特集は「マリファナの科学」。各国で大麻に対する規制が緩和されるなか、その研究の最前線を追い、秘められた力を明かします。世界のマリファナ使用マップも掲載しました。同号では「ネパールの生きた女神」「オオサンショウウオ」などの特集も!

文=Mark Strauss/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加