犬はスマホの中の飼い主がわかる?

離れていても寂しがらせないために

2015.06.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画面に映った飼い主を見つめるイヌ。ワシントン州の若手起業家が発明した「iCPooch」は、外出している飼い主がイヌとビデオチャットを楽しみ、おやつをあげることができる装置だ。(Photograph by Michael Desmond, ABC via Getty )
[画像のクリックで拡大表示]

 そばにいるときはとてもなついているのに、なぜ我が家のイヌは、スマホやタブレット越しだとあんなに冷たいのか・・・そんなふうに思ったことはないだろうか?

「我が家のイヌ(ラブラドールレトリバー)は電話やiPad、iPhoneから聞こえる私の声を認識できないようです。なぜでしょうか」

 今回の記事では、ナショジオスタッフのクリスティーナ・アンから寄せられたそんな疑問に答えてみたい。彼女のイヌは、パソコンを使ったビデオ通話でも飼い主の姿を認識しないという。

画面サイズは大事

 もし飼っているイヌがビデオ通話であなたを無視するとしても、気に病むことはない。別に嫌われているわけではないのだ。

 イヌは、テレビの画面に映った飼い主の姿を認識することができる。

「しかしイヌにしてみれば、ずいぶんおかしな場所に顔が現れたものだと思うでしょうし、飼い主の体だってどこにも見当たらないのです」と、米タフツ大学の獣医師・動物行動学者で、イヌのための番組を放送する「ドッグTV」の主任研究員であるニコラス・ドッドマン氏は言う。「テレビ画面に映った飼い主の姿を見たイヌが、テレビの裏側にまわって、そこに誰かいないかを確かめることもあります」

 ただし、携帯電話やタブレットのようにテレビより小さな画面となると、「イヌにとって、頭の中で世界を再現するのが難しくなります。画面が小さいですし、画像も圧縮されるからです」と語るのは、「ドッグTV」のチーフ・コンテンツ・オフィサー、ロン・リヴァイ氏だ。(参考記事:「犬がテレビに夢中になる理由」

 上の写真の「iCPooch」などのイヌ用ビデオチャット機器には、画面の中の飼い主がイヌに話しかけ、おやつを出せる機能がある。イヌがこうした小さな画面に反応を示す場合もあるが、実際には「反応するイヌもいれば、しないイヌもいます」とリヴァイ氏は言う。

明るい声だと活発に

 世の中にはさまざまな刺激があり、画像にあまり興味を示さないイヌもいる。イヌの鼻には2億2200万個の嗅覚受容体があるため(人間はわずか500万個)、携帯電話に映った飼い主の顔よりも、糞のにおいのほうにはるかに強く引きつけられるのも無理はない。(参考記事:「なぜ動物はうんちを食べるのか」

 バセットハウンドやビーグルといった猟犬は、視覚よりも嗅覚で獲物を探すよう品種改良されているので、さらににおいに強い反応を示す傾向にあるだろう。

 声の調子も影響する。学術雑誌『Current Biology』に2014年に発表された研究によると、イヌの脳は、暗い調子の声よりも明るい調子の声を聞くと活動が活発になるのだそうだ。

 しかし、もしあなたが精一杯明るい声を出したのに飼い犬が反応しなかったとしても、落ち込まないでほしい。感情を表に出さないイヌもいるし、飼い主だとわからずに戸惑っているのかもしれない 。

 ネコの場合はどうだろうか。東京大学が2013年に発表した研究によると、ネコは飼い主の声を認識できるという。しかしそこはネコだけに、認識していることをわざわざ示したりはしないそうだ。

イヌのお留守番

 飼っているイヌを寂しがらせたくないのに、携帯電話やビデオチャットもあてにならないとなればどうしたらいいのだろうか。カリフォルニア大学の臨床獣医師タミ・ピアス氏によると、離れている間の緊張感を軽減できる簡単な方法があるという。

 それは帰宅時や出かける際の感情表現を控えめにすることだ。そうすれば飼い主の帰宅や外出が、イヌにとってさほど不安なできごとではなくなってくる。

 別離の不安を感じていなければ、イヌは人間が仕事でいない間、ほとんどの時間を寝て過ごす。「だからこそゆっくり休めて元気になりますし、飼い主が帰宅するとうれしそうに飛びついてくるのです」

DVD「ザ・カリスマ ドッグトレーナー
シーザー・ミランの愛犬レスキュー」

飼い主と犬に自信を持たせて問題を解決する方法は?
価格:本体2,838円+税
ナショナル ジオグラフィック編
DVD(日本国内向け)、本編44分
音声/英語オリジナル・日本語字幕

ナショジオストア  アマゾン  楽天ブックス

文=Liz Langley/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加