猫はいつも足で着地できる? 動物都市伝説の真相

老犬に芸を教えられる? レミングは集団自殺する? 

2015.05.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春の雪の上で鳴き声を上げるノルウェーレミング(学名:Lemmus lemmus)。(PHOTOGRAPH BY NATURE PICTURE LIBRARY, ALAMY)
春の雪の上で鳴き声を上げるノルウェーレミング(学名:Lemmus lemmus)。(PHOTOGRAPH BY NATURE PICTURE LIBRARY, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

「レミングは本当に集団自殺をするのですか?」米国ナショナル ジオグラフィックのFacebookページに、読者からの質問が寄せられた。この質問を機に、一般に広く信じられている動物に関する話が真実なのか、はたまた迷信なのか調べてみた。

有名なレミングの集団自殺は本当か

 まずはレミング(和名:タビネズミ)の疑問から。ネズミのような外見をした齧歯類(げっしるい)で、北アメリカやヨーロッパ北部のツンドラ地帯に生息している。彼らが自殺をするという説は真実ではない。

 米アラスカ大学フェアバンクス校の博物館の元生物学者ゴードン・ジャレル氏は、そう信じられるようになった背景には、エサ状況などの要因で周期的に起こる個体数の激増があるという。

 スウェーデンやフィンランドのレミングは、春になると数が激増し、より良いすみかを求めて山からわらわらと下りてくる。その様子は、1918年の『ナショナル ジオグラフィック』誌でも紹介された。

 水辺にやってくると、押し合いへし合いしているうちに一部が水の中へ転げ落ちる。レミングは泳げるが、長距離を泳ぐことができずに、多くが力尽きて浜辺に打ち上げられるという。

 一方、生き延びたものたちは、普通は山に生息する「レミングが通常いそうにもないところ」に新たなコロニーを形成して数年間生き延びる。つまり、これは自殺とは逆の生き残るための行動だ。

 アラスカ州魚類狩猟局は、集団自殺説をさらに広めてしまったのが、米国で1958年に公開されたディズニーのドキュメンタリー映画「白い荒野(White Wilderness)」だったと指摘している。映画の中で、レミングが次々に海へ飛び込むシーンは、後に捏造だったことが判明した。

老犬に新しい芸は教えられるか

「老い木は曲がらぬ」と同じ意味で、「老犬は新しい芸を覚えない」という英語のことわざがあるが、実際のところはどうなのだろう。米カリフォルニア大学デービス校の獣医師タミ・ピアース氏によれば、老犬でも新しい芸を覚えることは可能だという。犬も歳をとれば、関節炎などによる慢性的な痛みに悩まされるようになり、人と積極的に関わろうとしなくなる。そのため、このような誤解が生まれたのかもしれない。

 しかし、歳とともに認知機能が失われていくので、脳の活性化のためにも、ごほうび付きのポジティブな訓練として、老犬に新しい芸を教えるのはむしろよいことだとピアース氏は勧めている。

ダチョウは砂の中に頭を隠すのか

 米メリーランド大学カレッジパーク校の鳥類専門家ロサリナ・エンジェル氏によると、この迷信は、ダチョウが敵から隠れる行動から生まれたのではないかという。

 ダチョウは敵の脅威を察知すると、地面に体を伏せて、長い首を横たえる。傍から見ると、丸まった濃い色の体は、おいしそうな肉というよりはただの低木のように見えないこともない。この様子を見た人々は、頭を砂の中に突っ込んでいると思ったのだろう。

 ダチョウはカムフラージュも得意である。夜の間は、羽の色の黒いオスが卵を温め、昼間は砂の色に近い茶色がかった灰色のメスと交代する。

猫はいつもちゃんと足で着地できるのか

 これは必ずしも間違いではない。生後わずか1カ月の子猫でも、地面へ落下した時に足で着地できる。しかし、「すべての猫が同じペースで成長するわけではないですし、すべての猫がいついかなる時も着地に成功するとは限りません」と、スコットランドにあるエジンバラ大学の獣医師ナタリー・ワラン氏は説明する。

 猫は内耳に体のバランスをつかさどる器官をもち、落下時に頭、首、体を回転させて「適切な着地体勢」を整えられる。また、背骨を柔軟に動かすことで、着地の際の衝撃を吸収する。

猫(写真はブリティッシュ・ブルー)には、四肢で着地できる能力が備わっている。しかし、だからと言って怪我をしないわけではないと専門家は警告する。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, MINDEN PICTURES/CORBIS)
猫(写真はブリティッシュ・ブルー)には、四肢で着地できる能力が備わっている。しかし、だからと言って怪我をしないわけではないと専門家は警告する。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN DALTON, MINDEN PICTURES/CORBIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 米アニマル・メディカル・センターが最初に報告した、「高所落下症候群」とは、猫がマンションの高い場所から落下しても、驚くほどの確率で助かる現象だ。

 しかし、高所から落下すれば大怪我を負うこともあると報告されている。

 あなたの猫は驚くべき能力を備えているかもしれないが、完全無欠というわけではない。

文=Liz Langley/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加