【写真】世界の新種トップ10:バック転するクモほか

2015.05.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術家のフグ

Photographt by Yoji Okata
[画像のクリックで拡大表示]

 およそ20年前から日本のダイバーたちは、海底で複雑なパターンを描く謎の「ミステリーサークル」がなぜできるのか頭を悩ませていた。2014年、ついに容疑者が浮かび上がる。新種のフグ、アマミホシゾラフグ(学名:Torquigener albomaculosus)だ。

 海底をキャンバスとするこの芸術家肌のフグは、「2015年世界の新種トップ10」に選ばれるという栄誉に輝いた。「世界の新種トップ10」は、2008年から米ニューヨーク州立大学の国際生物種探査研究所が発表しているもので、前年に発見された植物や動物のうち、風変わりで魅力的な10種が選ばれる。今年は上記のフグのほか、バック転するクモ、オタマジャクシを出産するカエル、派手な色彩のウミウシなどが選出された。

 ここに挙げられる新種生物は、毎年発見される1万8000あまりの新種のほんの一部にすぎない。同研究所の設立者であるクェスティン・ホイーラー所長によると、これまでに名前を付けられた植物や動物は200万種近くあるが、まだ1000万を超える種が未発見のままだという。

 しかし、生息地の喪失や汚染、密漁などの脅威にさらされて、多くの種は発見される前に絶滅してしまう。「危機的なスピードで生物が絶滅していく中でも、新たな生物は発見されています。トップ10を発表する意義は、その事実を知ってもらうことにあるのです」とホイーラー氏は語る。

サイケデリックなウミウシ

Photograph by Robert Bolland
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の海で見つかった新種のウミウシPhyllodesmium acanthorhinumは、他のウミウシと同様に奇抜な色合いをしている。サイズは2~3cm。サンゴを食べるウミウシと、サンゴの親戚を食べるウミウシの間の進化の空白を埋める生き物ではと考えられている。

巨大なナナフシの仲間

Photograph by Dr. Bruno Kneubühler
[画像のクリックで拡大表示]

 ナナフシの1種Phryganistria tamdaeoensisは、体長が23cmにもなり、昆虫としては巨大だ。生息地であるベトナムではよく見られるが、昨年まで科学者の目にとまることはなかった。

地獄のニワトリ

Illustration by Emily Eng, NG Staff
[画像のクリックで拡大表示]

 アンズー・ワイリエイ(Anzu wyliei)は、羽毛、中空の骨、くちばしなど、鳥のような特徴を多く持つ北米の恐竜。「地獄のニワトリ」の異名を持つこの白亜紀の動物は、体長3m、体重225kgほどあったとされる。

クリスマスの植物

Photograph by A. Espejo
[画像のクリックで拡大表示]

 この赤と緑の植物Tillandsia religiosaはパイナップル科のチランジアの1種。古くからメキシコ・モレロス州に生育し、当地ではクリスマスの装飾に使われている。しかし、高地の崖や垂直な壁に生えることが多いこの植物は、2014年になってから公式に科学者に認められた。

キノコ型の謎の生物

Photograph by Jørgen Olesen
[画像のクリックで拡大表示]

 新種どころか、既存のいかなる門にも分類できない。キノコのような形をしたごく小さな生物Dendrogramma enigmaticaとD. discoidsは、クラゲに関わりがある可能性が高い。オーストラリア ビクトリア州の海底で発見された。

バック転するクモ

Photograph by Professor Dr. Ingo Rechenberg, Technical University Berlin
[画像のクリックで拡大表示]

 モロッコに住む俊敏なアシダカグモ科のクモCebrennus rechenbergiは、危険に直面すると、連続でバック転を繰り出して熱い砂の上をすばやく逃げる。「昆虫学者の私でさえ、こんな生き物が前方で動きまわっていたら逃げ出しますよ」とホイーラー研究所長。(Photograph by Professor Dr. Ingo Rechenberg, Technical University Berlin)

アリの死骸で巣を守るハチ

Photograph by Michael Staab
[画像のクリックで拡大表示]

 中国東部で発見されたベッコウバチの1種Deuteragenia ossariumは、死んだアリで巣を守る。アリの死骸から出る化学物質がセーフティネットとなり、このハチの幼虫を好む捕食者や寄生生物を寄せ付けないのだ。

オタマジャクシを産むカエル

Photograph by Jimmy A. McGuire
[画像のクリックで拡大表示]

 インドネシア・スラウェシ島にすむカエルLimnonectes larvaepartusは、他のカエルのように産卵をするのではなく、オタマジャクシを産む。6000種を超えるカエルのうち、そんな出産をするのはこの1種のみ。

寄生植物

Photograph by P.B. Pelser J.F. Barcelona
[画像のクリックで拡大表示]

 長くて凸凹のある枝を持つ、サンゴのような外見のBalanophora coralliformisは、ツチトリモチ属の寄生植物。フィリピンで発見されるとすぐに絶滅危惧種とされた。

文=Mary Bates/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加