刑務所で動物学の講義が人気のワケ

動物から学ぶ思いやり

2015.05.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動物行動学講座では、受刑者は学習の一環としてレポートと絵を提出する。ある受講生のジェフは、ジェーン・グドール氏が愛したチンパンジー「フィフィ」を描き、芸術祭で賞を取った。(Sketch by Jeff)
[画像のクリックで拡大表示]

 もしあなたが米コロラド州にあるボルダー郡刑務所へ行く機会があれば、金曜の朝8時半からマーク・ベコフ氏が担当する、動物行動学の講座に出てみてはどうだろう。ただし、立ち見を覚悟しなければならない。教室はたちまち満席になるからだ。受刑者たちは動物について学ぶのを楽しみ、それによって人生が変わることもあるという。

 コロラド大学生態学・進化生物学名誉教授のベコフ氏は、10年以上前から男性受刑者を対象に「動物の行動と保護」のクラスを教え、講義の回数は600回を超える。霊長類学者ジェーン・グドール氏が動物や環境、人間のコミュニティーの保護を目指し設立した環境教育プログラム「ルーツ&シューツ(Roots&Shoots)」の一環であり、他の刑務所が同様の事業を行うモデルとなっている。(参考記事:「ジェーン・グドールが出会った森の家族たち」

 なぜ受刑者たちは動物と深い結びつきを持つのか、彼らが最も心を揺さぶられる問題は何か、凶悪犯でも動物の映像を見ると態度を和らげるのはなぜか。ナショナル ジオグラフィックはベコフ氏にインタビューを行った。

――受刑者に動物行動学を教えたいと初めて提案したとき、刑務所側の反応はいかがでしたか?

 まず笑われ、「何をしたいのか?」と聞き返されました。ですが、受刑者にはきっと好評だと思っていましたから、強気で説得しました。動物の行動の90%はポジティブなもので、例えば霊長類やイヌの基本的な性質は友好的で寛容なのだと説明しました。「ですから誰かを動物呼ばわりするのは、けなすどころかほめていることになるのです!」と。彼らはこのメッセージを気に入ってくれました。受刑者たちの多くは成長過程で動物と触れ合ったことがあるだろうし、それについて話したいに違いないと思っていました。そして開講から1カ月もしないうちに、受講希望者が殺到するようになったのです。刑務所の運営側と受刑者双方からの反応に圧倒されました。

――受刑者ならだれでも受講できるのですか?

 講座は刑務所が提供する「移行プログラム」の一部で、収監されたばかりか、出所が近い受刑者が対象です。彼らの犯罪歴は実にさまざまで、暴力犯罪に手を染めた人もいます。

――トラブルが起こったことはありますか?

 いいえ。講座の前後に私が教室を歩き回って雑談をすると、受刑者たちはとても気さくに応じてくれます。雰囲気が硬いときもありますが、私が動物の話を始めると、風船から空気が抜けるように皆リラックスします。明らかに違いを感じられますよ。

――多くの受刑者はペットを飼ったことがあるのですか?

 そうです。イヌ、ネコ、トカゲ、ヘビなどさまざまです。ある受刑者は、子どものころ飼っていた魚をどんなにかわいがっていたか話してくれました。ですが、多いのはやはり「最良の友」としてのイヌです。彼らは、人間よりもイヌの方が自分の気持ちを分かってくれたと口をそろえました。人との信頼関係や他者から判断されることについて問題を抱えているため、人間以外の動物と一番つながりを感じることが多いのです。「出所したら、イヌと一緒に田舎へ引っ越して自然の中で暮らしたい」と話した受刑者もいます。

――講座では、どんなテーマが最も議論や共感を呼ぶのでしょうか。

 受刑者たちは最近、動物を個体ごとに見る「思いやりのある動物保護」(動物福祉と保護にまたがる分野)に関心を寄せています。彼らは、オオカミを絶滅危惧種リストから外す動き や、コヨーテやアメリカクロクマが一部地域で駆除されている現実にショックを受けていました。受刑者の多くは小さな町や村の出身で、手つかずの土地を人間が侵すことに敏感なのです。動物が捨てられたり厄介者とレッテルを貼られると憤慨します。また受刑者の中には人に危害を加えたことのある者もいますが、動物虐待に対しては皆が強い怒りをあらわにします。

受講生のトロイがベコフ氏の講座で描いたオオカミの絵。トロイは美術のクラスで他の受刑者の指導を手伝っている。(Sketch by Troy)
[画像のクリックで拡大表示]

――この講座は受刑者にどんな影響があると考えていますか?

 彼らは動物の映像を見せると盛り上がりますし、ペットや野生動物について話すのもとても好きです。動物の話題になると穏やかになります。社会での人間関係、思いやり、共感の大切さについて話し合う機会にもなります。相手が動物でも人間でも、基本は同じだと気が付くのです。また、塀の外の世界や自然への関心も高まります。かなりの凶悪犯である受刑者に、講座から得られたプラスの効果について話してもらったことがあります。ある受刑者はイヌの行動について話し合ったおかげで、人に対してももっと思いやりを持つ必要があると認識できたと振り返っていました。研究者は動物が人と人とを結びつけたり、切れた関係を再び築いたりするのに役立つ点に着目して、「社会の触媒」と呼んでいます。

――そうした効果は出所後も続くのでしょうか。

 刑務所を出て職に就くのは難しいことですが、元受刑者の中にはイヌの散歩代行、トリマーの補助、動物保護施設のボランティアを始めた人がいます。いずれも、受講前はそんな仕事に就くなど考えもしなかったそうです。刑務所での講座に加え、動物に関わる仕事から学ぶことを、人と接するときにも生かしていると私に話してくれます。

――受刑者たちから学んだことはありますか。

 受刑者に関わったことのない人は、彼らに強い偏見を抱きがちです。確かに重い罪を犯した受刑者もいますが、同じ人間であり、いろいろなことに強い好奇心を抱いています。それに、彼らの人生を豊かにすることに何も問題はありません。むしろ、社会全体のためになります。動物や自然について学ぶことがいかに大きな利益をもたらすか、私は何度となく目にしています。

文=Jennifer S. Holland/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加