翼の折れた鳥を再び飛べるようにする驚きの方法

千年以上前から行われている伝統的な治療法がある

2015.05.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールド・バード・サンクチュアリ(米国ミズーリ州セントルイス)のアレチノスリ(学名:Buteo swainsoni)。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 鳥たちがすばらしい羽根を見せびらかすことはよく知られている。「クジャクのように得意げに」という言い回しはあながち誇張ではない。けれどもときに、鳥が失った羽根を取り戻すのに助けを必要とすることがある。

 今回は、風切羽が折れてうまく飛べなくなってしまった鳥を再び飛べるようにするにはどうするかという疑問にお答えしたい。

 答えは「継ぎ羽(インピング)」というやり方だ。傷ついた野生動物を保護して野生に戻す野生動物リハビリテーターたちは、風切羽が折れた鳥に新しい羽根を継ぎ足すことで、これまでのように飛べるようにしている。時期がくれば、継ぎ足した羽根はふつうの羽根と同じように抜け、新しい羽根が生えてくる。

 ティートン猛禽センター(米国ワイオミング州ウィルソン)というNPO団体でリハビリテーション・コーディネーターをつとめるメーガン・ウォレン氏によると、継ぎ羽の歴史は古く、鷹狩の伝統がある地域では1000年も前から行われていたという。

 継ぎ羽では拒絶反応は起こらない。なぜなら、「継ぎ羽は、臓器移植というよりは、付け毛や付け爪のようなものですから」とウォレン氏は言う。

飛行計画

 どんな鳥にとっても翼は重要だが、特に、空中で獲物を捕らえる猛禽にとって、飛ぶことは死活問題だ。

 ちなみに、コーネル大学鳥類学研究所のマーク・デヴォケイティス氏によると、「raptor(猛禽)」という英語は「rapere(鷲掴みにする)」というラテン語に由来しているそうだ。

 ティートン猛禽センターは、怪我により羽根を失った猛禽を野生に返す活動をしている。去年は、人間により風切羽を切られてしまった3羽のアレチノスリを受け入れた。

継ぎ羽をする前。(PHOTOGRAPHS BY SUE ERNISSE, TETON RAPTOR CENTER)
[画像のクリックで拡大表示]
継ぎ羽をした後。(PHOTOGRAPHS BY SUE ERNISSE, TETON RAPTOR CENTER)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのうちの1羽は秋の渡りに間に合う時期に回復したので野生に戻されたが、残りの2羽はセンターで冬を過ごした。1羽は左の翼の風切羽をすべて失っていて、羽根をつくる器官である羽包まで損傷していたため、生えてきた新しい羽根は変形していた。チームは現在、鳥に甲状腺ホルモンを投与して2回目の換羽を誘発しようとしている。

 もう1羽の経過は比較的良好だが、失われた羽根が新たに生えてくるときに、周囲の風切羽が折れてしまった。

 風切羽は、翼の後方に並んで生えている大きな羽根だ。ウォレン氏によると、鳥は風切羽の隙間に空気を通して揚力を得ているため、この羽根がきれいに生え揃っていないとうまく飛ぶことができないという(参考記事:特集「羽はどうやってできたのか」)。

「こういう場合に継ぎ羽を行うのです」と彼女は言う。

継ぎはぎの翼でも

 しかし、アレチノスリの風切羽にぴったり合う羽根を探すのが一苦労だった。センターにやってくるアレチノスリは多くはないからだ。幸い、同じく猛禽のミサゴの羽が欠損部分によく合うことがわかった。

 ウォレン氏は、ハヤブサの羽柄(うへい、羽根の基部にある中空の軸)を継ぎ足してアレチノスリの羽軸にミサゴの羽根をつなぎ、速乾性のエポキシ樹脂で接着した。ほかにもいくつか抜けがあったので、アカオノスリの羽根で埋めた。

「つぎはぎの翼ですよ」とウォレン氏は言う。

 翌日、ウォレン氏のチームは、継ぎ羽をしたアレチノスリに足革(訓練中にタカの足をつなぎとめておく軽い紐)をつけて飛ばせてみた。

 アレチノスリはこの翼で「何事もなかったように」飛んでみせ、4月18日にアイダホで放鳥された。

 今度はクジャクの羽根をつけてくれと言って猛禽センターに戻ってきたらどうしよう?

文=Liz Langley/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加