“ホホジロザメ追跡”がネットで話題に

衛星発信機で行動をリアルタイムに追跡、ツイッターでレポート中

2015.05.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年9月、ケープコッド近海。背びれに発信機を取り付けられる前のメアリー・リーが船上で休んでいる。(Photograph by Robert Snow Photography)
[画像のクリックで拡大表示]

 衛星発信機で行動を追跡中のホホジロザメ、「メアリー・リー」。このサメを追跡した状況がツイッターで発信され、インターネットで話題を呼んでいる(「メアリー・リー」のツイッターアカウントはこちら

 体重約1500キロの頂点捕食者は、一夜のうちに米国東海岸のメリーランド州からニュージャージー州まで移動していた。米国メリーランド州とバージニア州は、メアリー・リーには見どころが足りなかったようだ。少なくとも、5月7日の朝はそうだったらしい。7日午前8時15分(現地時間)には、ニュージャージー州の南端にいることが確認された。

 研究チームは2012年9月、マサチューセッツ州ケープコッド沖で、体長4.9メートルのメアリー・リーに衛星発信機(サテライトタグ)を取り付けた。捕食者の行動を追うために発信機を取り付けられたホホジロザメは彼女を含め5匹で、いずれも名前が付けられている。メアリー・リーは、研究チームの1人が自分の母親の名から命名した。

 メアリー・リーと同じく発信機を付けられた「リディア」は2014年、大西洋を横断したことが観察された最初のホホジロザメとして歴史に名を刻んだ。マサチューセッツ州海洋漁業局の上級漁業研究員グレッグ・スコマル氏はこのとき、他のホホジロザメも大西洋を横断している可能性が高いとコメントした。人間が初めて横断を追跡できたのが、たまたまリディアだったのだ(参考記事:「初追跡、ホホジロザメの広域回遊」)。

 メアリー・リーも決して怠け者ではない。「リディアは北と東方向への移動という点でより広範囲な動きを見せていますが、メアリー・リーも地図上をくまなく動いています」とスコマル氏は話す。実際、2年半以上前に発信機を付けられてからのメアリー・リーの移動距離は合計3万1340キロに達している(参考記事:「マグロとホホジロザメに共通する進化の秘密を発見!」

 背びれに取りつけられた発信機は、約4~5年間作動する予定だ。発信機が海面上に出るたびに位置情報が人工衛星に送信される。研究チームは衛星からデータを受け取り、サメをリアルタイムで追跡できる。

 5月7日、メアリー・リーはニュージャージー州ケープメイの真南で少なくとも5回浮上。5月3日から5日のルートはジグザグの連続で、バージニア州とメリーランド州の境目に当たる沖合をうろついていた。次にどこに顔を出すかは、誰にも分からない。

調査船の船長ブレット・マクブライド氏と、発信機を取り付けられる前のホホジロザメ、メアリー・リー。(Photograph by Robert Snow Photography)
[画像のクリックで拡大表示]

 フロリダ自然史博物館のフロリダ・サメ研究プログラムを指揮するジョージ・バージェス氏によれば、ホホジロザメを海岸近くで見かけることはそう珍しくないという。むしろ、ホホジロザメは「沿岸で過ごす時間の方が長い。そこで餌の大半を取っているからです」

 バージェス氏は「ホホジロザメの成魚が好んで捕食するアザラシやアシカといった哺乳類は、定期的に浜に上がって休み、体温を上げる必要があります。したがって、ホホジロサメも彼らを襲いに沿岸に来るのです」と話す。

 さらに、米国東海岸ではホホジロザメの移動に明らかな季節性がみられるとバージェス氏は付け加えた。「彼らは冬になると南に移住する人々のようなもので、冬にフロリダ州の北東へと南下してきます。このタイミングはおそらく、セミクジラ属のクジラがフロリダ沖にやってくる時期と関連していると考えられます」。というのも、これらのクジラは冬、出産のためにフロリダ沖の海域に集まってくるからだ。

 彼ら海洋哺乳類は、頂点捕食者であるホホジロザメへの警戒を強めた方がいいかもしれない。1990年代に始まった合衆国と各州の保護策のおかげで、ホホジロザメの個体数は米国の東西両岸で回復していることが近年の調査で判明している(参考記事:「ホホジロザメ、米近海で個体数回復」)。

文=Jane J. Lee/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加